花巻東・大谷翔平選手側から追加交渉の依頼、北海道日本ハム側は栗山監督が出席

高校野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 花巻東・大谷翔平選手側から、追加交渉の申し出があり、次回交渉を12月3日に奥州市内にホテルで行うと、北海道日本ハムが発表した。北海道日本ハム側は今回も栗山監督が出席する予定で、山田GM、大渕スカウトディレクターの3人で臨む。

 追加交渉の申し出では大谷選手側からあり、メジャーか北海道日本ハムか「回答を出すのに非常に悩んでいるという」という事のようで、追加交渉ということになったようだ。球団幹部は「3日で決断するかは分からない」と話す。

 一度はメジャー入りを決めた大谷投手が悩んでいる所まで来ている事が分かっただけでも、北海道日本ハムにとってはうれしいことだろう。楽観的に言うならば、2度目の栗山監督に出馬ということで、あと一押しが欲しいという所だろう、大谷選手と握手する場面が見られるかもしれない。

 ただし、おそらくメジャー側もなんらかのアプローチを間接的にも行っていて、意見を聞いているのではないかと推測される。そちらの意見と北海道日本ハムの意見を比べて再度確認といった所だろうか。

 こればかりは本人次第、18歳の少年が一生懸命自分の人生を考えている所だ。良いアドバイスをくれる人からの良い意見を聞いて判断してほしい。どちらも間違っている事はないはずだ。

日本ハム、大谷と12月3日に追加交渉 - デイリースポーツ:2012/11/30

 日本ハムは30日、ドラフト1位指名した花巻東・大谷翔平投手と12月3日に岩手・奥州市内で入団交渉を行うと発表した。本人、両親に、球団側は栗山英樹監督、山田正雄ゼネラルマネジャー、大渕隆スカウトディレクターが出席する。

 

 メジャーか日本ハム入りか、決めかねている大谷側からこの日までに再交渉の連絡が球団に入ったという。球団幹部は「回答を出すのに非常に悩んでいるということで、追加交渉することになった。3日で決断するかは分からない」と話した。これまで栗山監督は「本人が会いたいと言うなら何度でも会いにいく」と話していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント