巨人がドラフト1位候補に挙げた7人はどんな選手か?

巨人ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 巨人がドラフト1位候補にリストアップしている7選手の紹介をします。

仙台大・熊原健人投手

 特徴的な構えから投げる投手だが、モーションに入ってからは標準的できれいな腕の振りを見せる。大学3年春にリーグ戦4勝を挙げて優勝、1試合19奪三振も記録すると、秋はノーヒットノーランを達成し、侍ジャパン大学代表、21U代表にも選出された。

 今年は球威が増し、常時140km/h中盤を投げ、東北福祉大を2試合にわたって完封、共に1-0で勝利をする抜群の強さを見せた。リーグ戦成績は11勝3敗。

 

富士大・多和田真三郎投手

 オーバースローだが下から突き上げるような、低い位置でリリースする特徴的なフォームで、元スカウトは広島の外木場投手、池谷投手などに似ていると話します。【大学野球選手権特集】富士大・多和田真三郎投手を元プロスカウトが評価する | プロフェッショナルビュー・ベースボール Professional-View Baseball

 中部商時代から注目され、大学1年秋には明治神宮大会でノーヒットノーランを達成、その後は大学野球選手権、明治神宮大会に何度も出場している。リーグ戦では32勝8敗と2年生の頃までは、たまに四球から崩れて大量失点する姿も見せましたが、昨年からはそういう試合も見られなくなっている。

 

明治大・上原健太投手

 190cmを越す身長から150km/hを記録し、ある程度、球もまとまっておりコントロールで心配する事も少ない。バッタバッタと三振を奪うのではなく、打者が怖いと感じる球を投げて打たせて取る。今春はチームのエースとしての活躍が期待されたものの先発では結果が残せず、昨年同様にリリーフで良いピッチングを見せた。

 190cmの身長がありながら50mを5.9秒で走るという身体能力にも注目。

 

県岐阜商・高橋純平投手

 きれいな腕の振りやフォームから最速152km/hを誇り、センバツでは抜群の安定感も見せるなど即戦力としても評価が高い。183cmの身長からの角度もあり、理想に近い投手と言える。

 

東海大相模・小笠原慎之介投手

 高校生左腕ではNO1と呼び声高い。中学時代にジャイアンツカップで優勝、高校1年から140km/h中盤の速球を投げて昨年の甲子園でもリリーフで登板し好投した。秋からは背番号1を背負い、この春は体のスケールはアップして球速も149km/hを記録した。慶応高戦で、9回1アウトまでを1安打11奪三振と快投を見せたものの、6つの四死球を記録し、関東大会では浦和学院打線に2本のホームランを浴びるなど、まだ成長途中の投手。

 

 

明治大・高山俊選手

 東京六大学で117安打を記録し、秋にはリーグ通算安打数の記録を塗り替えるとみられる。単にヒットを狙うのではなく、今季も2本塁打を記録するなど2ベースやホームランも打てれば、50m6.2秒の足でバントヒットや内野安打で出塁もできる。即戦力の1番、3番打者として期待されている。

 

慶応大・谷田成吾選手

 慶応高校時代に73本塁打を記録し、高校日本代表にも選出された。大学では2年生まではやや伸び悩みだったが、3年春に4本塁打、秋に3本塁打とスラッガーとして活躍を見せる。やや格下の投手から、レフト方向へ放つホームランが特徴的で、逆方向にグングン伸びる打球を見せる。しかし、プロ注目クラスの投手にインコースを攻められるときつく、この春は1本塁打、打率.146に終わった。

2015年度-特Aランクのドラフト候補リスト

読売ジャイアンツのドラフト会議 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント