巨人・田中貴也捕手、東北楽天・八百板卓丸選手を支配下登録

八百板卓丸, 田中貴也

巨人は2014年の育成ドラフト3位で指名した田中貴也捕手と、東北楽天も2014年に育成ドラフト1位で指名した八百板卓丸外野手と、それぞれ支配下登録選手契約を結んだと発表した。

田中貴也選手

田中貴也捕手は八重山商工出身の捕手。京都府出身だが、大嶺祐太投手などが注目を集めていた八重山商工の野球に憧れて家族で移住をした。高校では正捕手としてプレーした。

その後は山梨学院大に進学すると、1年生の春から正捕手としてレギュラーを獲得、素早いモーションからの正確なスローイングに定評があり、また4年春には主将としてチームを初のリーグ優勝に導くなど、チームをまとめる力も評価され、2014年の育成ドラフト3位で巨人が指名をした。

プロ3年目となった今年は、キャンプで1軍メンバーに抜擢され、オープン戦でも起用された。イースタンリーグでは40試合に出場し、打率は.253を記録している。

八百板卓丸選手

八百板卓丸外野手は聖光学院出身で、高校3年の夏の甲子園では4試合で10安打を放ち、足や守備などでも活躍を見せた。その活躍が評価され、2014年の育成ドラフト1位で東北楽天が指名をしている。

地元東北出身の選手として活躍が期待される八百板選手、「ここからがスタート。ファームで結果を出して頑張りたい」とコメントを出している。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 

プロ3年目の今季は2月の沖縄キャンプで育成捕手として球団史上初めて1軍メンバーに抜てき。守備を売りにオープン戦では6試合に出場。この日までイースタン・リーグで40試合に出場し、打率2割5分3厘をマークしている。

八百板は福島・聖光学院高から2015年に育成ドラフト1位で入団。「ここからがスタート。ファームで結果を出して頑張りたい」と球団を通じてコメントした。


PAGE TOP