センバツのドラフト候補、巨人・岡崎スカウト部長は明秀日立・増田陸選手を評価

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

センバツですべての高校が登場し、スポーツ紙各紙では大会に登場した選手のスカウトによる評価などが掲載されている。スポーツ報知では巨人・岡崎スカウト部長が注目した選手を紹介した。

特A選手はおらず

巨人の岡崎スカウト部長は、「昨年の清宮幸太郎選手のような特Aの選手はいなかった」と話した。それでもAランクの選手について、遊撃手の選手に注目し、明秀日立の増田陸選手、日大三・日置航選手、大阪桐蔭・根尾昂選手、瀬戸内・新保利於選手、延岡学園・小幡竜平選手の名前を挙げた。

その中で増田選手については「一番目立っていた。タイミングの取り方が非常にうまく、しっかりと強く振れている。」と評価している。

また、大阪桐蔭では藤原恭大選手、中川卓也選手をAランクとし、山田健太選手も打撃は光っていたと話し、柿木蓮投手は抜ける球が減っていたと評価、横川凱投手も魅力的、そして小泉航平捕手は今大会NO.1捕手と評価した。

その他、野手では東海大相模・森下翔太選手、日本航空石川・上田優弥選手、智弁和歌山の林晃汰選手が、投手では明徳義塾の市川悠太投手、創成館・川原陸投手、松山聖陵・土居豪人投手、三重・定本拓真投手が印象に残ったと評価、また中央学院の大谷拓海選手については、打者として魅力を感じたと話した。

2018年センバツ出場校とドラフト注目選手
2018年センバツ大会ドラフト候補番付 

明秀日立・増田の身体能力ピカイチ スポーツ報知紙面 2018/3/30

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント