阪神、大院大・金田和之投手をリストアップ!

金田和之, 大院大

 阪神が大院大・金田和之投手をリストアップしている事がわかった。金田投手は3月に阪神2軍との交流戦で登板し5回6安打1失点と好投を見せ、阪神関係者から「投げっぷりがよく大器の可能性を秘める」と評価されていた。

 その後リーグ戦では6試合連続完封を記録するなど力を見せていたが、8月末に右肩甲骨下の違和感を訴えると、先日の試合では2回途中でまで4つの四球を与えて降板するなど不安な面も見せた。

 違和感は無くなったようでリーグ終盤での登板はありそうで、マークを続ける。

大院大右腕・金田をリストアップ - デイリースポーツ:2012/09/26

 阪神が今秋のドラフト候補に大院大の146キロ右腕・金田和之投手(22)をリストアップしていることが24日、分かった。今春から今秋にかけて、リーグ記録にあと1と迫る6試合連続完封を達成。春季リーグ戦は防御率0・70で投手のベストナインを受賞した。

 

 3月に行われた阪神との育成交流試合では、プロを相手に5回を6安打1失点(自責点0)。堂々の内容を阪神スカウトは絶賛。「投げっぷりがよく大器の可能性を秘める」と評価を高めた。

 

 8月25日の秋季リーグ開幕戦では神院大を1安打完封したが、9月前半は右肩甲骨下の違和感で登板を回避。22日に復帰登板し、二回途中で大事を取って降板した。重症ではなく、リーグ戦終盤には復帰する見込み。阪神は今後も密着マークを続けていく方針だ。


PAGE TOP