春に飛び出せ、楽しみな選手たち(高校生投手編)

古屋敷匠真, 石川翔, 田中瑛斗, 藤谷勇介, 森井絃斗, 岡林飛翔, 森圭名, 藤井黎來, 吉住晴斗, 鳥谷部慎吾, 米原大地, 川上鳳之, 本田仁海

この春に期待したい選手たちをピックアップしてみました。

高校生

センバツ大会では高校生のドラフトの本命、清宮幸太郎選手、安田尚憲選手が登場し、清宮選手は大きな結果は残せなかったが他の選手とは比較できない素質を見せた。また安田選手も課題はあるもののやはり頭一つ出ているとプロのスカウトも評価した。また、秀岳館の川端健斗投手の評価が上がりセンバツで最も評価を上げたのではないかと思う。ドラフト会議での指名も十分可能性が高いと感じる。

しかし特に投手では、昨年のBIG3、藤平尚真投手、寺島成輝投手、高橋昂也投手のような存在はおらず、夏に向けて急成長した今井達也投手のような存在が待たれる。

今年の今井達也候補として期待したい選手を何人か挙げる。

青藍泰斗の石川翔投手は最速は146キロ、低めに伸びる球は圧巻で、春の大会で登板すればスカウトもかなりの数が集まると思う。また板野高校の森井絃斗投手は最速149キロを記録する。2年生の春に147キロを記録して注目されたが、その後、肘のクリーニング手術を受けた。それでも秋の徳島大会では145キロを記録し、練習では149キロも記録したという。どんな投手か見てみたいし、プロのスカウトも足を運びそうだ。

鶴岡東の吉住晴斗投手は185cmの右腕で2年生春に145キロを記録、現在では146キロを記録しており、変化球も多彩。昨夏甲子園で1イニングをノーヒットに抑えた投球からどのくらい成長しているか。

八戸工大一の古屋敷匠真投手は1年春に143キロを記録して現在は148キロを記録、2年春には八戸学院光星を相手に好投を見せている。弘前東の鳥谷部慎吾投手は180cmの左腕、力で押す投球もできる。大曲工の藤井黎來投手も144キロの本格派、体もしっかりしており甲子園で好投を見せた。

仙台松戸の川上鳳之投手はすでにプロスカウトが足を運ぶ。147キロの速球を投げ昨年急成長を遂げた。八王子の米原大地投手も昨夏の甲子園で登板したが現在では147キロの速球を投げプロのスカウトも注目度が高い。星槎国際湘南の本田仁海投手も181cmから145キロの速球を投げる本格派候補。

富山第一の森圭名投手の昨夏の甲子園登板組で、146キロの力のある球を投げる。菰野の岡林飛翔投手は151キロを記録、まだ未知数な選手だが楽しみな投手。

柳ヶ浦の田中瑛斗投手も182cmの本格派右腕で146キロの速球を投げ、プロのスカウトが足を運ぶ。延岡学園の藤谷勇介投手も183cmの右腕、最速は143キロだが粘りの投球を見せる。

2017年度-高校生投手のドラフト候補リスト


PAGE TOP