春に飛び出せ、楽しみな選手たち(高校生野手編)

陶山勇軌, 村上宗隆, 岡田悠希, 増田珠, 木本凌雅, 寺西建, 植田拓, 中村奨成, 福永奨, 金成麗生, 古賀悠斗, 鈴木萌斗, 山根一輝

高校生のドラフト1位候補に清宮幸太郎選手、安田尚憲選手選手の名前が挙がり、注目される高校生野手たち。その中で清宮・安田に続く選手は誰か。

高校生野手の候補

外野手でやはり楽しみなのが横浜高・増田珠選手。昨夏のパンチ力に意外性もある打撃、ハイパフォーマンスな守備や走塁に、プレー以外のところでも躍動感を感じさせる選手で、プロでも人気を得られる選手だと思う。

足と柔らかい打撃で期待したいのがセンバツにも出場した作新学院の鈴木萌斗選手、動き全体にしなやかさがあり、将来はクールにセンターでファインプレーを見せてくれそうな選手。

ガツンと強さを見せるのがこちらもセンバツ登場組の植田拓選手。165cmの身長だがスイングの大きさは目を見張り、甲子園で放ったホームランは中段くらいまで届いた。ただモノではない選手だと思う。秀岳館・木本凌雅選手、日大三・金成麗生選手もパワーがありプロが注目する。

俊足ならば常総学院の陶山勇軌選手、岡山理大付の山根一輝選手も注目、陶山選手は50m6.0秒を記録する足でスピード感あふれるプレーを見せる。山根選手もセカンドゴロで一塁に駆け抜けてセーフになる足と、ホームランも放つパンチ力があり、亜細亜大に進んで活躍しそうな能力の高い選手。

星稜の寺西建選手は191cmの体があり左腕投手としても期待したいが、投打ともに動きの細かさがやや足りない感じを受けた。大きな打球を打つ選手になるか投手になるかはわからないが大器晩成か。

龍谷大平安の岡田悠希、九州学院の村上宗隆選手も忘れてはならない選手。共に1年時から長打力を見せ、清宮選手と共に名前が挙がる選手だった。村上選手は捕手としても活躍し、この春と夏には注目を集めそう、岡田選手は試合に出られなかったりいろいろあったようだが、今年はきっちりと中軸で出場し結果を残したい。

捕手では横浜高校・福永奨選手、広陵の中村奨成選手、そして福岡大大濠の古賀悠斗選手が楽しみ。プロ野球選手を多く輩出する広陵高校で中村選手は強肩捕手としてプロのスカウトが注目する。

注目したいポジションである遊撃手には、まだ有力候補は出てこないが、春・夏にそういう選手が登場するだろう。

2017年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP