北福岡大会の組み合わせが決定、日米11球団注目の折尾愛新・松井義弥選手、小倉の147キロ右腕・河浦圭佑投手など注目

折尾愛真, 松井義弥, 河浦圭佑, 小倉高

北福岡大会の組み合わせ抽選が決定した。高校通算38本塁打に140キロ前後の投球をする191cm89kgの怪物候補、折尾愛真・松井義弥選手や、小倉高校で147キロの速球を投げる河浦圭佑投手などが注目される。

ゴジラ

折尾愛真の松井義弥選手は191cm89kgと松井秀喜選手を上回る体の大きさがあり、「いつか松井さんに負けないような選手になりたい」と話す。

1年時は4番ショートで出場し、2年時は4番ライト、そして今年はサードを守り、また投手として登板し140キロ前後の速球を投げ下ろす。長打力も抜群で高校通算38本塁打を記録し、日米11球団のスカウトが視察に訪れている。

甲子園に出場すれば、ゴジラ2世と言われるのは必至の松井選手、北福岡大会で暴れることができるか。

また北福岡大会では小倉高校の河浦圭佑投手は175cm82kgから最速147キロの速球を投げ、九州トップクラスの投手と注目される。

東筑や九州国際大付が力があるものの混戦となりそうで、注目選手にプロ球団のスカウトが足を運ぶ事になりそうだ。

2018年度-高校生-福岡県のドラフト候補リスト


PAGE TOP