専大松戸も初戦敗退、プロ注目・今里凌選手は「大学かプロ」

専大松戸, 今里凌

高校野球千葉大会では、Aシードの専大松戸も千葉商大付に敗れ、初戦で敗退した。

今里選手、ノーヒット

専大松戸は課題だった投手陣が崩れ、序盤に4点を奪われる。しかし、強力な打撃陣が6回までに4点を奪って同点に追いついた。それでも7回に再び2点を奪われるとその後は追いつけず、Aシードとして優勝候補として迎えた今大会は、まさかの初戦敗退となった。

185cmの左のスラッガーで、高校通算38本塁打を打っている今里凌選手は、この日は2打数0安打、3四球という内容で、ヒットを打つ事が出来なかった。「自分が打っていれば勝てた試合。悔しいです」と話し、涙を流した。

そして将来について聞かれると、「大学かプロで、もっとレベルアップしたい」と話し、次のステージで成長することを誓った。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-千葉県のドラフト候補リスト

高校通算38本塁打のプロ注目のスラッガー・今里凌内野手(3年)は2打数0安打で3四球。「自分が打っていれば勝てた試合。悔しいです」と涙で真っ赤に腫らした目で話した。


PAGE TOP