長田高の147キロ右腕・橋本達弥投手が報徳相手に1失点も敗戦、5球団スカウト集まり「進路迷っている」

長田高, 橋本達弥

長田高のエースで、最速147キロの速球を投げプロが注目する橋本達弥投手が、報徳学園を相手に9回1失点の投球を見せた。この日は巨人、ソフトバンクなど5球団のスカウトが視察をしている。

小園選手「一番えぐい」

長田高の橋本達弥投手は180cmの右腕投手で、最速147キロの速球と鋭く沈むフォークボールが武器で、プロが注目をしている公立の星。

この日は報徳学園と対戦し、ドラフト1位指名確実の小園海斗選手と対戦すると、8回の2アウトの打席では、「ここまでレベルの高い選手と勝負するのは初めて。下克上してやろうと、三振を狙いにいっていた」と話し、フォークボールで空振り三振を奪った。この日は小園選手と対戦して4打数ノーヒットに抑え込んだ。対戦した小園選手も「今まで見たフォークの中で一番エグい」と話した。

橋本投手はこの日はヒットを許したのは2回のみ。外野手の前に落ちるヒット2本を含む3本を許し1失点をしてしまう。しかし3回以降はパーフェクトに抑え込み、球速も146キロを記録した。9回を投げて3安打6奪三振1失点、無四球で完投をしたが、味方打線が完封され、0-1で試合を終えた。

この日は小園選手の注目もあるが、巨人、ソフトバンクなど5球団のスカウトが視察し、巨人の益田スカウトは「経験値が上がれば、これから伸びる。いいピッチャー」と絶賛している。

高校野球を終えた橋本投手は、試合後に進路について聞かれると、「今は迷っています。プロに行きたいので、野球のレベルが高いところで」と話した。長田高校は文武両道で橋本選手も学力が高く、慶応大や先輩の園田涼輔投手の筑波大などの進学が予想されていたが、「小園は昨夏の日本代表で遠い存在だったが、今日、抑えられたので同じ舞台に立てるかな」とプロへの意識も強くなってきている。

今後の進路の決断についても注目して待ちたい。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト

“格上”と思っても物おじはしない。巨人、ソフトバンクなど5球団のスカウトが駆けつけた中、今秋ドラフト1位候補の小園を4打数無安打。初回に二塁失策で出塁させるも、八回には追い込んでからフォークで空振り三振。「(自分より)上の存在。ここで抑えられたら僕も同じ舞台に立てる」と強気に押した。
 素材の高さを存分に見せつけた。進路については「今は迷っています。プロに行きたいので、(進学でも)野球のレベルが高いところで」と橋本達。今後はプロか、慶大など野球の強い大学への進学を検討することに。高校最後の夏を今後の野球生活に生かしていく。

公立の星が、ドラフト上位候補をねじ伏せた。0―1の8回2死、長田の147キロ右腕・橋本達は、報徳学園の小園海斗内野手(3年)とこの試合4度目となる対戦を迎えた。打席に入り、ニヤリと笑う名門の1番打者と目が合った。「ここまでレベルの高い選手と勝負するのは初めて。下克上してやろうと、三振を狙いにいっていた」。得意のフォークで鮮やかな空振り三振に仕留めた。
 22日の滝川二戦で、中堅120メートルのバックスクリーンへの特大アーチを放った小園を4打数無安打に封じ、「今まで見たフォークの中で一番エグい」と、うならせた。視察した巨人の益田スカウトも「経験値が上がれば、これから伸びる。いいピッチャー」と絶賛した。


PAGE TOP