二松学舎大付、1年生・山田将義捕手が2打点

二松学舎大付, 山田将義

東東京大会では二松学舎大付が優勝し甲子園出場を決めた。U15で捕手を務めた1年生・山田将義選手が活躍を見せた。

U15代表捕手

二松学舎大付で1年生で正捕手を務めるのは、U15代表でも捕手として出場した山田将義選手。175cm70kgの体があり、強豪の駿河台学園中で強肩捕手として活躍し、すでにプロも注目している。

その山田選手はこの日、打撃では4回に犠牲フライを打って1点を挙げると、5回には2アウト満塁のチャンスで打席に入り、ショートの前のゴロに全力疾走で内野安打として1点を挙げた。また、捕手としても先輩捕手をリードし、145キロを記録した3年生の岸川海投手にも、「体が流れてますよ」と物おじせずに声をかけるなど、大物ぶりを発揮している。

プロに行くような選手は、小学生時代から上の学年の選手を相手にキャッチボールをしたり、プレーをしたりしているので、すでに物おじしない精神力を身に着けている選手が多いが、山田選手もそういう選手だろう。そして捕手としてはこの能力は、今後も必要な能力だと思う。

それでも山田選手は、「本当は使ってもらえるような選手じゃないのに、みんなが出たい100回大会にも出られる。」と話し、普段は謙虚な姿勢を見せる。甲子園では1年生の選手にも注目が集まり、活躍を見せれば、その世代を代表する選手となっていく。山田選手も甲子園で大暴れを見せたい。

二松学舎大付高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-高校生のドラフト候補リスト

大物の予感を漂わせた。1点差を追う二松学舎大付は五回、振り逃げで同点に追いつき、2死満塁で左打席に立ったのは1年生捕手の山田。「投手を助けたくて、何でもいいからかえしたかった」。遊撃前にゴロを転がすと一塁まで全力疾走。決勝点とともに夏切符をもぎ取った。
 四回にも犠飛を放つなど1安打2打点。扇の要としても先輩投手2人をリードし、存在感を発揮した。中学時代にU-15日本代表で主将も務めたスーパールーキーは、大一番でも肝の据わり方が並じゃなかった。
 先発の大庭颯仁投手(2年)は自らの連係ミスで失点したが、マウンド上で「ここは周りのせいにして切り替えましょう」と山田から声を掛けられ冷静さをキープ。2番手で5回無失点の岸川海投手(3年)も「球が少し中に入っていたら『(体が)流れてますよ』って」と、物おじしない後輩に最敬礼した。


PAGE TOP