東邦・石川昂弥選手が夏初打席で本塁打、中日4人態勢で視察し「BIG4と甲乙つけがたい」

東邦高, 石川昂弥

東邦がノーシードで迎えた夏の初戦を迎え、プロ注目のスラッガー・石川昂弥選手が初打席でホームランを放った。高校通算54号弾に中日など4球団のスカウトが視察し評価した。

3番サード

春は投手としてマウンドにいた石川昂弥選手は、この夏はサードからスタートした。天白との対戦で初回、1アウト1塁の場面で打席に入ると、外角高めのストレートを右中間へ運び、打球は右中間の芝生席へ取り込んだ。センバツでも見せた得意の逆方向への当たりだった。「カウント2-1だったので、直球を狙っていました」と狙い通りのホームランだった。

「自分の中で正直言ってあまり調子は良くなかったけど、打てなくても思い切り振ろうと打席に入った。早いうちに1本出たので楽になりました」と話し、高校通算54本については「60本を目指している」と話した。この打席以降は4四球で勝負されることはなかった。それでもチームは7-0で8回コールドで勝利した。

この日、中日は地元の逸材に対し4人態勢で視察をした。中日・米村チーフスカウトは「いろいろなスラッガーを見てきたけど、夏の1打席目で本塁打を打てるのはなかなかない。並大抵の技量、パワー、運じゃない。力と技術でボールを押し込んで逆方向にも打てる、天性の長打力がある勝負を避けられたような四球でスター性も感じる。投手の高校BIG4と甲乙つけがたい。打者ではトップクラス」と話した。

中日も含めて阪神など4球団のスカウトが視察、阪神の筒井スカウトも「素晴らしい打球。右に大きい打球を打てるのがいいところだが、まさにその打撃。高校生の右打者の中では高い評価になってくる」と話した。

石川選手はエースとしてセンバツで優勝投手になったが、スカウトは野手として評価をしており、この日はサードの守備などにも視線を送っていた。逆方向への当たりが伸びることはもう充分、分かった。今度は、思い切り引っ張っての大きな打球が見たい。

2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
夏の高校野球・愛知大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

▽中日米村チーフスカウト(4人態勢で視察)「いろいろなスラッガーを見てきたけど、夏の最初の打席で本塁打はなかなかない。運も華も技術もある」。

▽阪神筒井スカウト 素晴らしい打球。右に大きい打球を打てるのがいいところだが、まさにその打撃。高校の右の野手では間違いなく高い評価になる。

プロ4球団のスカウトの前で2打席目以降は4四球。5打席計23球のうちストライクは5球で、スイングは本塁打のひと振りだけ。地元の逸材を最多4人態勢で視察した中日・米村チーフスカウトは「夏の1打席目で本塁打を打てるのは、並大抵の技量、パワー、運じゃない。勝負を避けられたような四球でスター性も感じる。投手の高校BIG4と甲乙つけがたい。打者ではトップクラス」とうなった。

高校通算54号は、チームを勢いづける先制2ラン。この試合で投じられた23球のうち、バットを振ったのはこの1球のみ。徹底マークされたその後は4四球を選び、右の大砲を視察した中日・米村チーフスカウトは「力と技術でボールを押し込んで逆方向にも打てる、天性の長打力がある」と二重丸をつけた。

石川はカウント2―1からの4球目、真ん中外よりの直球を逆らわずはじき返すと、逆方向への打球ながら勢いは衰えることなく右中間の芝生へ着弾した。「自分の中で正直言ってあまり調子は良くなかったけど、打てなくても思い切り振ろうと打席に入った。早いうちに1本出たので楽になりました」とホッとしや様子。


PAGE TOP