岐阜各務野の147キロ右腕・藤田凌投手が夏初登板、中日など注目投手

藤田凌, 岐阜各務野

岐阜大会では岐阜各務野の147キロ右腕・藤田凌投手がこの夏、初登板をした。

中日など注目

藤田凌投手は187cm77kgの大型右腕で、腕の振りがしなやかでフォームのバランスも良く、地元の中日など複数球団が注目をしているという。

この日の3回戦・岐阜総合学園戦では、4回途中から登板すると、3回1/3を投げて2安打無失点、球速は139キロ止まりだが、「丁寧に投げることを意識した」と話し、得意のチェンジアップを使って打たせて取る投球を見せた。

これから本格的に力をいれた投球が見られそうで、この日はスカウトの姿があったかは不明だが、これから大勢のスカウトが岐阜に足を運ぶ事になりそうだ。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・ 岐阜大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

1メートル87、77キロのしなやかな体格で最速147キロを誇る。「丁寧に投げることを意識した。走者が出たらギアを上げた」。この日は139キロ止まりながら、チェンジアップを効果的に、打たせて取る投球が光った。
地元の中日を含め、数球団がチェックしている好素材。


PAGE TOP