夏の高校野球・ 岐阜大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

不後祐将, 藤田健斗, 内藤圭史, 西内勇人, 小野寺優斗, 高倉明健, 藤田凌, 権田翼, 元謙太, 森大河, 佐々木泰, 岩井一翔, 榊原愛斗, 村尾篤志, 小出瑞稀, 中山大輔, 林拓馬, 笹生慎太郎, 藤井大河, 古川陽斗, 堀川隼人, 富田蓮, 今佑我, 後藤里玖斗, 赤塚健利, 松井大輔

夏の高校野球・岐阜大会が7月13日に開幕する。高校屈指の強肩捕手に、やや故障が多かったものの、将来性抜群な投手もいる。地区のドラフト的注目度はA。

注目選手

昨年は市岐阜商の中神拓都投手が広島にドラフト4位で、岐阜第一の平井快青投手が巨人に育成ドラフト2位で指名された。

各務野の藤田凌投手は187cm76kgの大型右腕で、最速は147キロを記録する。非常にきれいなフォームで投げており、バランスも良く無理に上から投げ下ろす事もないが、しっかりと角度を付けられた球を投げている。まだ実績は少ないが将来が非常に期待される投手。

中京学院中京の藤田健斗選手は17cmの捕手で、U18代表一次候補に名を連ね、合宿では佐々木朗希投手の球を受けて手に裂傷を負った事で話題となった。しかし、実際はセカンドまで1.79秒のスローイングを見せ、プロでもトップクラスと評価される肩を持つ。打撃でも4番を任されており、今年の東海大のドラフト1位候補・海野隆司選手を思わせるところがある。プロ志望をすれば、高い順位での指名も予想される。

その他の選手

投手では、県岐阜商の松井大輔投手が170cmと小柄だが147キロを記録して注目されていた。しかし左ひざじん帯の断裂で夏の登板は厳しくなった。岐阜第一の高倉明健投手も168cmと小柄だが145キロの速球を投げる。ペースを作って登板すれば、常に勢いある球を投げられそうだ。中京学院大中京の不後祐将投手はU15代表の左腕で、138キロの速球に5種類の変化球を、見分けがつかない形で投げてくる。特に縦に曲がるスライダーは魅力で、この夏に活躍すればU18代表入りの可能性もあるのではと思う。

中京学院大中京の赤塚健利投手は193cm103kgの超大型右腕。まだ球速などが分からないが、マウンドから覆いかぶさってくるような巨体でバッターを圧倒する。後藤里玖斗選手はこの春に急成長して142キロを記録し、チームのエースをねらう。市岐阜商の今佑我投手も186cmの長身右腕で140キロを記録している。大垣西の小出瑞稀投手も188cmの右腕、スケールの大きさがあり、上半身と下半身がうまく使えるようになれば急激に伸びるかもしれない。

大垣商の富田蓮投手は昨年夏に決勝まで勝ち上がったチームの立役者、171cmの左腕でキレの良い130キロ後半の速球を投げる。帝京可児の堀川隼人投手も135キロの速球をコントロールよく投げる。美濃加茂の古川陽斗投手も139キロの速球とシンカーで三振を奪える。加納高校の藤井大河投手は135キロの速球と長打力を見せる二刀流。長良高校の笹生慎太郎投手はスピードのあるストレートと縦に沈む変化球を武器とする。

野手では大垣日大の林拓馬選手と小野寺優斗選手、内藤圭史選手は評価が高い。林選手は178cmの外野手で50m5.9秒の足がありながら、高校通算本塁打も20本に迫る長打力があり、昨年の甲子園でも鋭い打球を連発した。小野寺選手は昨年夏の甲子園で2本塁打を放った。180cm81kgの体はさらに力をつけているという。内藤選手も打っては長打力が光り、投げても144キロを記録する身体能力の高さがある。中山大輔選手も166cmながら長打力もある三塁手。

帝京可児は181cm85kgの榊原愛斗選手が主軸に座り、高校通算30本を超す村尾篤志選手も長打力を見せる。美濃加茂の岩井一翔選手も高校通算30本を超すホームランを打つ左の強打者。

2年生では県岐阜商の佐々木泰投手が180cmから140キロの速球を投げ、打ってもすでに17本塁打、サードで出場をするがエースの故障で投手として投げるかも。しかし、同じ2年生の森大河投手が144キロを投げ、西内勇人投手も138キロの速球を投げ、エース候補はそろっている。中京学院中京の元謙太選手は186cmの右腕で大砲、球威ある球を投げおろし、振ればスタンドにボールを運ぶ。大垣日大の権田翼投手もすでに138キロを記録、今夏はエースとしての登板もあるかもしれない。岐阜第一の田村快捕手は矢のような送球を送る強肩捕手。

優勝予想

昨年は大垣日大が好投手をそろえ優勝、準優勝の大垣商とは決勝で7-1で勝利している。秋は中京学院大中京が優勝し、大垣日大が準優勝。春は大垣日大が返り咲き、準優勝は県岐阜商、中京学院大中京と岐阜第一がベスト4入りしている。

大垣日大と中京学院大中京、県岐阜商の争いとなるが、大垣日大と県岐阜商はエースの故障が気がかり。ただし両チームとも選手層は厚く、チームがまとまってくると非常に強い。中京学院大中京は捕手の藤田選手を中心にスキのない試合をしてくるし、投手もエースを中心に様々なタイプの投手がそろっている。

岐阜第一も投打に軸があり、他には大垣商、市岐阜商、美濃加茂、土岐商、帝京可児なども力がある。好投手のいる各務野も一気に駆け上がってくるかもしれない。

2019年度以降-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト


PAGE TOP