桐蔭学園・森敬斗選手がプロ志望届提出へ、ドラフト上位指名確実

桐蔭学園, 森敬斗

U18W杯で1番バッターとして活躍し、進路の決断が注目されていた桐蔭学園の森敬斗選手が、プロ志望届を提出することが分かった。

高校生野手トップクラス

森敬斗選手は昨年秋の関東大会で3本のホームランを放ち、ショートとして俊敏な動きと強い送球を見せ注目されていた。しかし、今年に入りセンバツも含めて打撃はやや不調の状況が続き、ショートでも高い身体能力を見せるプレーがあるものの、スローイングが安定しないといった課題も指摘され、夏も満足いく形で終えることはできなかった。

それでもU18W杯では、センターを守り、快足を飛ばしてのプレーを見せた。また木製バットでも思い切りの良い打撃を見せ、ライト線付近への長打を放つと、50m5.8秒の足で一塁へ駆け抜けるスピードも見せた。今年の高校生のドラフト候補ではトップクラスという評価となった。

その森選手は進路については大学進学が有力だった。しかし、プロ側からはドラフト1位候補という高い評価が聞かれ、夏の時点では「プロと大学両方考えている」と話していた。U18代表では他の選手と進路についても情報交換をしたとみられるが、W杯後も進路については明言せず、その進路の決断が注目されていた。

帰国後、家族や監督などと進路についての話し合いを重ねた。そしてプロ志望届を提出することを決断したという。プロのスカウトからは、「補強ポイントによっては1位指名候補に挙げる球団も出てくるのではないか」との声も聞かれている。課題はまだ多いものの、外野手としての可能性、また木製バットでの対応は素晴らしく、そして持っている身体能力の高さや思い切りの良いプレースタイルは、将来性を非常に感じさせる。ドラフト2位までには指名されるとみられる。

2019年ドラフト会議上位候補の24人
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
進路表明選手一覧~高校生・2019年
2019年高校生プロ志望届提出選手一覧

ワールドカップから帰国後、周囲との協議も慎重に重ね、最終的にプロ志望届を提出することを決めた。

NPBのスカウトからは「補強ポイントによっては1位指名候補に挙げる球団も出てくるのではないか」との声も挙がる逸材。今年のドラフト対象となる野手では大学日本代表の正捕手を務めた海野隆司捕手(東海大)とともに、上位指名が確実と見られている。


PAGE TOP