大分商の注目選手ー2020センバツ出場予定だった選手の紹介

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツに出場する予定だったチームの注目選手を紹介します。今日は大分商業。

大分商の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:川瀬堅斗投手、もしセンバツが開催されていれば大きく評価を上げたとみられる投手。183cm82kgから最速は147キロ、スライダー、チェンジアップの抜群で2年夏も素晴らしい投球を見せており、ドラフト上位候補として評価する。明石商・中森、中京大中京・高橋と大会BIG3だった。

注目度B:末田龍祐捕手、こちらもセンバツが開催されていれば評価をつかみ取ったかもしれない。182cmの大型捕手で135キロを記録する強肩は九州トップクラス。4番を打ち打撃に磨きがかかればプロから声がかかる。

注目度B:渡辺温人選手、かなり見たかった選手。50m5.7秒の足があり、2年秋は10試合で10盗塁を記録した。明徳の奥野翔琉選手と足の勝負が見たかった。

注目度C:岩崎竜也選手、3番ショートで出場予定だった。172cmの選手で50m6.0秒の足で秋は5盗塁、10試合で18安打を打ち打率は.486を記録している。遠投105mの肩もあり、ショートでの守備と打撃、足をそれぞれ見たかった。

注目度C:井田航太選手、2番ライトの選手。遠投100mの肩と50m6.2秒の足があり、秋は5盗塁を決める。打率も高く、足と打撃を見たかった。

注目度C:寺下諒星投手、180cmから136キロの速球をなげ、川瀬投手の控え。上背もあるが秋は結果を残せていなかったので、この冬の成長を見たかった。

注目度C:岩尾翔太投手(2年)、176cmの右腕投手で回転の良い球が評価される。最速は134キロで明豊打線に捉えられてしまったが、球速が140キロ台にのってくれば回転の良い球が活きる。

チーム

絶対的エースの川瀬投手は大会屈指の投手となっていたことだろう。2年秋は59回を投げて49奪三振、防御率1.68と好投している。控えの寺下投手、岩尾投手のできが鍵だった。

打線は1番・渡辺温選手の足から、井田、岩崎とつながる上位打線は素晴らしく、4番・末田と5番・川瀬のクリンナップが鍵。下位打線が秋はやや不調で上位打線でどれだけ得点を稼げるか。

投手が3点に抑え、打線が5点を奪う。確実にどれだけ得点を奪っていけるか。

大分商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント