享栄の148キロ右腕・竹山日向投手が4回ノーヒット、中日スカウト「素材はいい」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

プロが注目する享栄の148キロ右腕・竹山日向投手が、県岐阜商との練習試合で2番手で登板し、4回をノーヒット無失点に抑えた。

スポンサーリンク

中日スカウト視察

竹山日向投手は6回に登板すると、最速は142キロ止まりだが、力のあるストレートを中心に投げた。8,9回に3つの死球など4四死球を許して制球に課題を見せたが、4イニングをノーヒット無失点、プロ注目の高木翔斗選手からも空振り三振を奪った。

竹山投手は「甲子園に出るチームなので、抑えたいと思った。真っすぐは良かった」と話す。3つの死球を与えたことについては、セットポジションの投球で「微修正をしている最中。シュート回転して死球を出してしまった。修正したい」と話した。

この日は中日の近藤スカウトが視察し、「素材はいい。下を使えるようになれば、もっと良くなる」と評価した。

竹山投手は「プロに行きたいと思っている」とプロ志望を明言した。これからスカウトの視察が続く事になりそうだ。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

182センチ、84キロの大型右腕は、進路については「プロに行きたいと思っている」と明言。同校OBでもある中日の近藤真市スカウトは「素材はいい。下を使えるようになれば、もっと良くなる」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント