木更津総合・島田舜也投手が145キロ、9回途中1失点

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

木更津総合が平塚学園と練習試合を行い、注目右腕の島田舜也投手が自己最速を更新する145キロを記録した。

スポンサーリンク

将来的にプロ入り目指す

島田舜也投手は184cmの本格派右腕で、昨年から関東屈指の投手として注目されていた。1年生の冬に右手の血行障害のために手術をしてからも、しっかりとケアをしながら徐々に成長を続けてきた。

この日の平塚学園との練習試合では、8回2/3までを投げて6安打1失点、自己最速を更新する145キロを記録した。「8、9回はちょっと高めにいく球が多くなってしまったけど、前半はいい感じだった」と話す。

木更津総合では毎年プロ注目の投手が出ており、早川隆久投手は早稲田大に進学後、昨年のドラフト1位で東北楽天に指名され、現在7勝を挙げている。他にも法政大に進学した4年の山下輝投手は今年のドラフト指名候補、他にも149キロの速球を投げていた根本太一投手は東洋大の2年生、昨年150キロの球を投げていた篠木健太郎投手は法政大の1年生で、いずれも4年時にはプロも注目する投手となるのは間違いない。

島田投手も将来的にプロ入りを目指しており、大学に進学する道が有力となる。五島監督は「球が走っていたし、低めに投げられていたと思う」と話し、エースのピッチングを見つめていた。

今夏はエースのピッチングでチームを甲子園に導き、甲子園でもその姿を見たい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-千葉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

先発した木更津総合の右腕・島田舜也投手(3年)が自己最速を2キロ更新する145キロの直球にカーブなどを交え、8回⅔を6安打1失点と好投した。

右手血行障害のため1年冬に手術をし、現在もトレーニングとケアを欠かさずに続ける。最後の夏の大会開幕へ向けスタンバイの状況に、「八、九回はちょっと高めにいく球が多くなってしまったけど、前半はいい感じだった」と笑顔。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント