近江・山田陽翔投手が170球完投で決勝進出、死球後の8回に最速145キロ

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

近江高校のエース・山田陽翔投手が準決勝の浦和学院戦で、途中に足に死球を受けながらも延長11回を投げ、170球で完投勝利を挙げた。これで4試合連続の完投勝利となった。

スポンサーリンク

8回に145キロ

山田陽翔投手はこの日、5回の打席で左足のくるぶし付近に死球を受け、打席内で倒れて痛がっていた。歩くことができず、肩を貸されながらベンチに戻ったが、その次の守備では足を引きづりながらもマウンドに上る。そして、投球練習を始めた。

その回は2アウト1、2塁のピンチを背負うもこれを抑えると、8回にはこの日最速の145キロを記録した。試合は延長戦に入ったがそこでも交代はせず、延長11回、170球を完投し、最後はサヨナラホームランで勝利した。

1回戦は延長13回165球を投げて7安打10奪三振2失点、2回戦は9回87球で5安打2奪三振2失点、準々決勝は9回127球を投げて8安打10奪三振1失点、そしてこの日は7安打10奪三振2失点、4試合を全て完投して勝利、これまで549球を投げている。

高野連のルールで「1週間に500球以内」の球数制限までは、2回戦からが適用されるため、決勝では116球を投げられるが、死球を受けた影響で病院で診察を受けたところ、「左足関節外果部の打撲症」と診断をされている。決勝の登板については、コンディションを見て判断するという。

足をひきづってでも投げた、こういう美談は個人的には持ち上げることはしたくない。ただ、多くの投手がこれだけ投げると肘が下がってフォーム自体が崩れるなかで、山田投手は真上から投げ下ろすフォームが変わらず、球威もそれほど落ちないのはすごいことだと思った。肩や足の不安が今後も含めて気になるものの、この点は非常に評価ができると感じた。

それでも、かなり無理をして投げていることは間違いない。昨年夏も甲子園でベスト4入りした後、秋は全く登板をしなかった。この春の影響は今後に出てくると思うが、将来に響かないようにしてほしいと思う。まだ、長く野球を続ける夢を持っているのだから。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
センバツ高校野球(2022)準決勝の対戦カードと注目選手
センバツ高校野球大会は準決勝、対戦カードと注目選手です。
【センバツ】近江・山田陽翔左足引きずって170球完投、死球後も登板直訴で滋賀初決勝
 決勝は昨夏に続いて近畿勢同士の対決となった。近江は延長11回に大橋大翔捕手(3年)がサヨナラ3ラン。エース・山田陽翔(はると、3年)が170球を投げ、4試合連続完投勝利で滋賀県勢初の甲子園優勝に王手

責任を全うした。「エースで4番で主将。(マウンドを)降りたらいけないと思っていた」。患部を冷やし、テーピングで固定して直後の6回2死一、二塁の危機を乗り越えると、イニング間には左足を引きずりながら8回の135球目にこの日最速の145キロを計時。その後は11回まで1安打。圧巻の投球を演じた。

代替出場の近江が滋賀県勢初の決勝進出 エース山田は痛み耐え4試合連続完投「譲る気持ちはなかった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 準決勝2試合が行われ、近江(滋賀)と大阪桐蔭が決勝に駒を進めた。近江は代替出場から史上初で、県勢初にもなる決勝進出で、大阪桐蔭は3度目の優勝を果たした18年以来4年ぶり。近畿勢同士の決勝は18年の大阪桐蔭―智弁和歌山以来となった。近江は延長11回、大橋大翔(3年)が準決勝では32年ぶりのサヨナラ3ランを放ち、浦和学院...
近江・山田が気迫の170球 左足に死球受け打撲も熱投「マウンド譲るつもりなかった」/デイリースポーツ online
 「選抜高校野球・準決勝、近江5-2浦和学院」(30日、甲子園球場) 準決勝2試合が行われ、代替出場の近江(滋賀)がサヨナラ勝ちで滋賀県勢として初の決勝進出を決めた。エースで4番の主将・山田陽翔投手(3年)は、左足に死球を受けて足を引きずりながらも170球の熱投で4試合連続完投。同点の延長十一回に大橋大翔捕手(3年)が...
近江・山田「エースとしてマウンドを譲る気はなかった」 痛みに耐え延長11回完投勝利【センバツ】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇30日 センバツ高校野球 準決勝 浦和学院2―5近江(延長11回サヨナラ、甲子園) 脚を引きずりながらも最後までマウンドを守り切った...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント