【夏の甲子園2022】ドラフト視点の対戦カード注目選手2日目

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

ドラフト候補など選手に注目した対戦カード分析です。2日目のカード。

スポンサーリンク

2日目

八戸学院光星vs創志学園

八戸学院光星は、注目されるのは洗平歩人投手(3年)から洗平比呂投手(1年)の継投だろう。父は元中日の左腕投手で、弟の比呂投手は同じ左腕で似ている。また打線では3番ショートの2年生・中澤恒貴選手が坂本2世として評価を上げられるかに注目。2番・佐藤航太選手、4番・野呂洋翔選手、5番・織笠陽多選手の180cmを越す選手が並ぶ打線も注目される。

創志学園はやや横から投げる岡村洸太郎投手が149キロを記録し、大体140キロ台のちからのある球を投げる。攻略がなかなか難しい投手だ。背番号10の木村晃大投手もスライダーを軸に力を入れた球は強さがある。俊足の木村政裕選手が2番に入り、4番・金田恭汰選手も特大のホームランを放つパワーがある。

愛工大名電vs星稜

愛工大名電のエース・有馬伽久投手は、今大会でも屈指の速球派で左腕、145キロ前後のストレートを低めに角度をつけて投げる。山田空暉投手は182cmの右腕投手、最速は148キロとのことだが130キロ中盤が多い。しかし、腕の振りが素晴らしく、ビュッと来る球は将来投手として期待したくなる。栢工力輔投手も長身で140キロ台を記録するが、まだ戦が細く将来を期待したい。リリーフに岩瀬法樹投手も控えており、出場校屈指の投手王国だ。

星稜はセンバツでも変化球を織り交ぜて安定した投球を見せたマーガード真偉輝投手が、この夏も安定感を見せている。そして2年生の武内涼太投手は来年が期待される力強い球を投げ、武内投手がエースとして投げる可能性もある。打線は1番・永井士航選手やクリンナップを打つ角谷飛雅選手などがいるが、2年生の遊撃手・斉賀壱成選手と2年生の捕手の近藤真亜久選手は、これまでプロ入りした遊撃手・捕手を輩出している星稜だけに、来年が楽しみな選手。

鶴岡東vs盈進

鶴岡東は右サイドから130キロ後半の速球で、右打者をえぐるような球を投げる小林廉投手と、長身左腕でキレの良いたまを投げる矢部充稀投手が継投する。捕手の土屋泰人選手は落ち着いたリードをして投手陣も安心感がありそう。2番打者としてもとしても選球眼良く出塁をしたりうまい打撃を見せる。

盈進はエースで140キロ右腕の向井勇投手が下半身がしっかりしていて上半身に力みのない安定したフォームから、スライダーやスローカーブを織り交ぜて上で130キロ中盤から後半のまっすぐで勝負する。

近江vs鳴門

センバツ準優勝の立役者で149キロ右腕エースの山田陽翔投手は、この夏の甲子園で150キロの壁を突破するかが注目される。大会注目投手の中でも球の力は一番だと思う。2年生左腕・星野世那投手が近江大会準決勝の比叡山戦でも先発しているが、大会後半に山田投手が疲労した時に星野投手がどんな投球を見せられるか。1番で二塁手の津田基選手と遊撃手の横田悟選手の二遊間もしっかりと鍛えられている。

センバツで大阪桐蔭を苦しめた144キロ左腕・冨田遼弥投手は、この夏も素晴らしい投球で激戦の徳島大会を一人で投げた。プロも注目する投手でプロ志望をすれば指名があると見られる。瞬発力とパワーのある井川歌莉選手や俊足の遊撃手・三浦鉄昇選手に、190cm93kgの前田一輝選手は4番としてパワーある打撃と144キロを投げる力がある。2年の藤原颯太投手もきれいなフォームで投げられる投手で注目される。

夏の甲子園大会(2022)の組み合わせと注目選手一覧
第104回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選は、8月3日の午後4時から行われます。対戦カードと注目選手を速報します。
夏の甲子園(2022)出場校の注目選手とスポーツ紙各紙のチーム評価
夏の甲子園(2022)に出場を決めた高校の注目選手とをまとめます。また、スポーツ紙各紙の評価が出たら掲載します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント