【夏の甲子園2022】ドラフト視点の対戦カード注目選手1日目

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

ドラフト候補など選手に注目した対戦カード分析です。

スポンサーリンク

1日目

日大三島vs国学院栃木

日大三島の松永投手は140キロ台のストレートに安定した投球を見せるエース。打撃でも中心選手。

国学院栃木の盛永智也投手は2年生だが、180cmの右腕投手で144キロのストレートは魅力。体重のもっと貯めるようになったりとまだ成長の伸びしろが十分ありそうで、来年には148キロ前後は投げてくると思う。

明豊vs樹徳

明豊は1年時に注目された2年の森山塁投手の登板が無かった。打線ではパンチ力のある2番・宮崎元哉選手と俊足で出塁のできる4番・嶽下桃之介選手、長打力が光る5番の竹下聖人選手が以前から名前が挙がっていたが、3番ショートの後藤綾太選手が大分舞鶴戦で3安打3打点を記録するなど、更に繋がりのある打線となった。

2年生の東家迅投手、1年生の野田皇志投手も140キロ前後の力のある球を投げ、登板する機会があれば注目したい。

樹徳は172cm70kgと体は大きくないものの、ゆったりとしたフォームから144キロの速球を投げる亀井颯玖投手は、マウンド上では大きく見える。打席での球の伸びがありそうな投手で今大会でも好投手として注目される存在だが、明豊打線を抑えきれるか注目したい。

京都国際vs一関学院

京都国際ではやはり森下瑠大投手が注目される。京都大会では序盤は打者としてホ−−ムランを放ち、準決勝ではリリーフ、決勝では先発して相手を抑え込んだ。球威やコントロールなどは昨年に比べて万全という状態ではないが、それでも抑える力がある。森田大翔投手は170cmと大きくないが130キロ中盤の速球を投げ、完投もできる投手として先発の2番手に上がってきた感じ。145キロ右腕の平野順大選手は1番バッターとして打撃に注目したい。

一関学院はアンダーハンドの小野涼介投手が盛岡大付を完封し、決勝でも盛岡中央の齋藤響介投手との投げ合いを制した。低めを丁寧につく投球が持ち味。捕手の後藤叶翔選手は岩手で3本塁打を放つ強打と好リードの捕手。そして1年生の左腕・高沢奏大投手が盛岡一戦で先発しているが、体も大きく威力のある球を投げていた。甲子園で登板したら是非注目したい。

夏の甲子園大会(2022)の組み合わせと注目選手一覧
第104回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選は、8月3日の午後4時から行われます。対戦カードと注目選手を速報します。
夏の甲子園(2022)出場校の注目選手とスポーツ紙各紙のチーム評価
夏の甲子園(2022)に出場を決めた高校の注目選手とをまとめます。また、スポーツ紙各紙の評価が出たら掲載します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント