市立岐阜商の191cm右腕・平塚大記投手がプロ入り目指し夏に腕振る

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

岐阜の191cm右腕・市立岐阜商の平塚大記投手が、プロ入りに向けて夏の飛躍を目指す。

スポンサーリンク

進路はプロ

平塚大記投手は191cmの長身から145キロの速球を投げる投手として注目されている。入学時は体重が60kgだったが、「1ヶ月1キロ計画」でコツコツと身体づくりを進めて79kgまでになった。

しかし、昨秋の県大会準々決勝・岐阜第一戦では2番手で登板するも8四球と乱れ、冬は足の上げ方などのフォームを見直した。その結果、春は岐阜第一との準決勝で完投勝利。北岡監督は「ひと冬で成長して、今ではチームを支えるエースになってきた」と話し、背番号1を託す。

そして平塚投手は進路希望に「プロ」と書き込んでいる。山本由伸投手に憧れ「チームを勝たせられる投手」と目標とする。プロのスカウトも足を運ぶなど注目されている平塚投手、その長身からの140キロ中盤の速球を夏はしっかりと見たい。

2024年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
プロ注目の市岐阜商エース平塚大記「絶対に甲子園へ行く」16年ぶり悲願導く【高校野球岐阜大会抽選会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
第106回全国高校野球選手権大会(8月7日開幕・甲子園)の代表校を決める岐阜大会の組み合わせ抽選会が22日、行われた。64チーム(68...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント