スポニチも1面で大谷翔平投手、メジャー決断報道

大谷翔平, 花巻東

 スポーツニッポンも1面で花巻東・大谷翔平投手のメジャー決断を報じた。そして移籍先はドジャースが有力としている。

 一昨日、日刊スポーツが1面で大谷投手メジャー報道をし、これで2紙目となる。こちらも具体的なコメントなどはないものの、大谷投手の気持ちが最後まで揺らぐことは無かったとし、佐々木監督や両親と何度も長時間に渡る話し合いを行ったが、「最後は自分で決める」と話しており、本人の意思が尊重されそうだ、というもの。

 そうなると移籍先については1年生の時から小島圭市スカウトが大谷投手を見ており、ホワイトGMが花巻東を訪れてマイナーでも2年間は通訳をつけるなどの条件をだしているドジャースが有力としている。

 大谷投手には、埼玉西武、北海道日本ハム、東北楽天、福岡ソフトバンクが1位指名候補に挙げており、大谷投手がアメリカ挑戦を表明したときには、大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手や亜大・東浜巨投手の指名重複が増えることが予想されるほか、その他の1位候補として、東福岡・森雄大投手、駒大・白崎浩之選手、NTT西日本・増田達至投手、大阪ガス・松永昂大投手の名前が挙がっている。

 大谷投手は今日の17時に進路表明の会見を開くということのようだ。スポーツ報知は大谷投手が周囲の説得でメジャー挑戦を断念したと3日連続で報じており、決断は本人の心の内のみ。160kmを記録した怪物投手の決断に注目したい。

 

  • 高校生投手のドラフト候補選手一覧!
  • ドラフト上位候補、指名重複マトリクス
  •  

    大谷決断メジャー挑戦!ドジャース最有力 - スポーツニッポン1面:2012/10/21

     花巻東(岩手)の160キロ右腕・大谷翔平投手(3年)が、メジャー挑戦を決断したことが20日、分かった。国内球団との選択に揺れたが、最後は自らの意思を貫く覚悟を決めた。大谷には少なくともメジャー3球団が獲得に興味を示しているが、1年時から密着マークを続けてきたドジャース入りが最有力。21日に家族を交えた話し合いで最終決断を下し、正式にメジャー挑戦を表明する。

     

     大谷が海を渡る決断を下した。9月19日にプロ志望届を提出してから約1カ月。国内球団のほか、ドジャース、レンジャーズ、レッドソックスのメジャー3球団とも面談を行い、進路について熟考を重ねてきたが、最高峰の舞台に挑戦したい気持ちは最後まで揺らぐことはなかった。全文はスポーツニッポンのサイトをご覧ください。

     25日のドラフトで指名された際には、3月31日まで指名球団が交渉権を持つ。その間にメジャー球団と交渉することは、現行のルールでは取り決めがないが、メジャー球団は日本球界に配慮し、入団交渉を開始するのは4月1日以降となる見込み。

     

     日本のドラフト指名を経ずに海外のプロ球団でプレーした場合、帰国後に日本でプレーするためには、ドラフトで指名されることが条件。海外プロ球団との契約が終了してから3年間(大学、社会人は2年間)は日本のドラフトで指名できない復帰制限が設けられている。

     西武、日本ハム、楽天、ソフトバンクなどが1位指名候補に名前を挙げており、強行指名を含めて検討される。すでにDeNAは高田繁GMが、大谷がメジャー挑戦を表明した際には「指名をしない」と明言しているが、その他の球団はドラフト当日まで流動的だ。

     

     大谷指名を回避することになれば、藤浪(大阪桐蔭)、東浜(亜大)の即戦力右腕の人気がさらに高まる可能性が出てくる。競合数が増えることで、一本釣り狙いに方針転換する球団もありそうだ。その他の1位候補としては、高校生No・1左腕の森(東福岡)、今春の東都大学リーグ首位打者を獲得した大型遊撃手の白崎(駒大)、社会人では即戦力投手の増田(NTT西日本)、松永(大阪ガス)らが挙げられる。

     今秋ドラフトの目玉で、メジャー挑戦を断念しての日本球界入りが確実な花巻東(岩手)の160キロ右腕・大谷翔平(3年)が、21日に進路を正式表明する。同校が20日に発表した。

     

     関係者によるとこの日、佐々木洋監督、両親を交えて話し合い、最終結論を出した模様。メジャーへの憧れを持つ大谷には、1年時から密着マークしてきたドジャースなどメジャー3球団が獲得に名乗りを上げていた。だが、家族の負担や生活環境面の不安、帰国後3年間はNPB入りができないことなどを考慮。周囲の説得に応じて、断念したとみられる。

     

     25日のドラフト会議では、日本ハムや地元・楽天、ソフトバンクなどが1位指名を検討している。12球団OKの姿勢を示している剛腕の決断に注目だ。

    花巻東・大谷、21日午後5時から進路表明 - サンケイスポーツ:2012/10/21

     国内か米大リーグかで進路が注目される大谷翔平(18)=岩手・花巻東高=が21日午後5時から同校で結論を表明することになった。

     

     25日のドラフト会議の超目玉選手として話題を集める最速160キロ右腕には、国内球団だけでなく、米大リーグ球団も注目。大谷はドジャース、レンジャーズ、レッドソックスと面談し、すべてを終えた11日には米国希望に大きく傾いていた。

     

     その後、国内を強く希望する両親らと話し合い、最終的な結論を導き出したとみられる。米国行きを表明した場合でも「プロ志望届」を提出している大谷を国内球団がドラフトで指名することは可能だが、各球団のドラフト戦略に大きな影響を与えることは確実だ。


PAGE TOP