高校野球・福岡大会(2015):ドラフト注目度B

龍頭大夏, 山本武白志, 河野真哉, 岩田将貴, 中村伊吹, 平城圭悟, 平塚貴伎, 福島滉貴

 昨年は西日本短大付の小野郁投手、九州国際大付の清水優心選手や古澤勝吾選手、福工大城東の山川晃司選手などプロ注目選手が目白押しで、ドラフト会議でも早い順位で指名された非常にレベルの高い年だった。今年は昨年ほどの注目選手はいないものの、注目されている選手は多い。

地区

 昨年夏は九州国際大付が若生監督の勇退というニュースもあり注目され、見事甲子園に出場を果たしている。しかし甲子園では優勝候補に挙げられたものの初戦で姿を消した。秋は九産大九州が優勝しセンバツに出場したものの、近江高校に敗れて初戦敗退している。

 春は福岡工大城東が優勝、準優勝の飯塚高校、秋の準優勝・東福岡など強豪チームがひしめく。しかし組合せでは、九産大九州のブロックに飯塚、福岡工大城東、福岡大大濠といった強豪が固まって大激戦区となった。また九国大付も早ければ2回戦で折尾愛真と激突し、自由ヶ丘、大牟田などがいる激戦区となっている。

 

注目選手

 九州国際大付の山本武白志選手は、昨年の強力打線でも主軸を任されるなど打撃力では引けを取らなかった。今年春も3試合連続ホームランを記録したものの、好不調の波も見せている。昨年の古澤選手は、夏の大会に一気に評価を高めてドラフト3位で指名されている。山本選手は今のところ注目情報などは無いものの、父や山本功児氏、監督も楠城氏とプロ関係者が周りにおり、プロ側に情報が届く環境にいる事は間違いない。

 星琳高校の中村伊吹投手と平城圭悟投手には、10球団のスカウトが視察に訪れているという。共に144km/hを記録する左腕投手だが、中村投手は180cmの高さがあり腕のしなりが魅力、平城投手は170cmと小柄だが腕の見づらいフォームと強い球で押す魅力がある。

 センバツ出場の九産大九州は2年生左腕エースの岩田将貴投手が素晴らしい。球速こそ130km/h前半だが、サイド気味のフォームは腕が見づらく、抜群の制球力がある。NHK旗でもノーヒットノーランを達成し、実力を見せつけている。来年までに球速を増してゆけば、2012年東北楽天ドラフト3位の大塚尚仁投手くらいの評価になるかもしれない。

 

その他の注目選手

 東福岡は145km/hの速球を投げる福島滉貴投手、球のキレの良いヒンブルローレンス投手などがおり、その二人を今年の福岡NO1捕手と呼び声高い河野真哉選手がリードする。バッテリーの総合力は県NO1か。

 福岡工大城東は遊撃手の江良佑介選手が守備と打撃で注目され、大牟田も龍頭大夏選手が投打に注目をされている。福岡大大濠はエースの左腕・坂本裕哉投手と右腕の浜地真澄投手は140km/h以上を記録、福岡第一の平塚貴伎投手も180cmの左腕で最速143km/hを記録、同じ左腕の前原信王投手も140km/hを越す本格派左腕。

 自由ヶ丘も2年生の岩田諒大投手が140km/hを越す速球を武器に、春の北九州市内大会を制した。九産大九産には145km/hを記録する梅野雄吾投手がおり、上位進出を伺う。

 飯塚高校の日比生恵太捕手は183cmの大型捕手で、多彩な投手陣をリードしNHK旗では九産大九州打線を1点に抑えて優勝した。チームの主柱として甲子園を狙う。

2015年度-高校生-福岡県のドラフト候補リスト

 


PAGE TOP