横浜DeNA、新人4選手が1軍キャンプ入り

横浜DeNAルーキーニュース

 横浜DeNAは新人選手4人が1軍キャンプ入りする事が決まった。1軍キャンプ入りするのは、ドラフト1位の山崎康晃投手、ドラフト3位の倉本寿彦選手、ドラフト4位の福地元春投手、ドラフト5位の山下幸輝選手。

昨年は5人が

 昨年のドラフト会議で指名された選手のうち、ドラフト2位の石田健大投手は肘の故障などを訴えており、また力的にも育成していく方針で1軍メンバーには入らなかった。またドラフト6位の百瀬大騎選手、ドラフト7位の飯塚悟史選手も2軍スタートとなる。

 昨年のキャンプではドラフト1位の柿田裕太投手、ドラフト2位の平田真吾投手、ドラフト3位の嶺井博希捕手、ドラフト4位の三上朋也投手、そしてドラフト5位で高校卒ルーキーだった関根大気選手が1軍入りしていた。

 中畑監督は新人合同自主トレを視察し、高校生の飯塚悟史選手の動きを見て、即戦力や高校生など関係なく見ていくような話しをしていたが、今年は高校生の1軍キャンプ選出はなかった。

 

ポイントは内野手

 内野手の倉本選手と山下選手が1軍入りし、キャンプのポイントは内野手であることがハッキリと分かる。昨年、遊撃手は山崎憲晴選手と白崎浩之選手が務めたが、首脳陣やファンを納得させる成績は残せていない。巨人の坂本選手や阪神の鳥谷選手のように打てる遊撃手を育てたい。

 倉本選手と山下選手が加わる事で、山崎選手や白崎選手に刺激を与えようとしている事も見てとれる。石川選手、梶谷選手と毎年のように選手が入れ代わっているポジションで、競争をしてレベルアップして誰がポジションを勝ち取るか、またそれにチームの浮上がかかっている。

 さらにサードもグリエル選手が来日するのが遅れるようで、バルディレス選手もいるが山下選手もチャンスを狙う。グリエル選手は守備で凄いプレーも見せるがミスをすることも多い。守備要員として出場機会をつかみたい。

横浜DeNAベイスターズ、過去のドラフト指名一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

横浜DeNAベイスターズのチーム世代表 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 

遊撃の定位置を狙う倉本は「通過点なので一喜一憂しない」。新人合同自主トレを行った横須賀室内では、12年ドラフト1位で同学年の白崎も練習。「ライバルなので、意識していきたい」と闘志を燃やした。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント