横浜DeNA、ドラフト1位・濱口投手が3回3失点、6位・尾仲投手は2回無失点

横浜DeNAルーキーニュース

横浜DeNAのドラフト1位ルーキー・濱口遥大投手が、この日の千葉ロッテとの練習試合で先発したものの、3回を投げて3失点と課題の制球難が出た。ドラフト6位ルーキーの尾仲祐哉投手は2回を無失点に抑えた。

制球難見せる

濱口投手はこの日、3回を投げたものの毎回先頭打者を許し、ボールが先行して守りのリズムが悪くなってエラーでピンチを広げた後にタイムリーを浴びるという悪い時のパターンが出た。2回までは無失点に抑えたものの3回にピンチの後に長打2本で3失点、3回3安打3失点という内容だった。

濱口投手は良い時は伸びのあるストレートとチェンジアップでバッターを手玉に取り完封をするものの、悪い時は初回から失点を重ねてしまう。2015年に侍ジャパン大学代表とプロの若手が対戦した試合では、先発を任されたものの初回に5安打で2失点した。また昨年秋の横浜市長杯でも初回に5失点しマウンドを降りた。

ラミレス監督は、「全体的にはいいものもあった。クイックもけん制も良かった。先発としての資質は非常に高いと感じた」と話したが、早い回に先発が交代するのは、リリーフに負担がかかってくる。この課題がある限り信頼を得ることはできない。悪くても何とか粘れる投球を身につけたい。

ロングリリーフ起用

4回から登板したドラフト6位ルーキーの尾仲投手は、得意のスライダーで三振を奪った後に、ストレート3球で三振を奪うなど2者連続三振を記録、2イニングをパーフェクトに抑えた。ラミレス監督は尾仲投手をロングリリーフとして起用したいと、開幕の構想に入っているようだ。

これからオープン戦が始まり、濱口投手も尾仲投手も、良い経験も悪い経験もするが、それが一つ一つ成長となっていく事を期待したい。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

力みから制球を乱して3四球を許して痛打され「そこ(四球)が失点につながった。リズムも悪かったし、この結果は当然」と反省した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント