横浜DeNAドラフト1位ルーキー・東克樹投手が初勝利、2位の神里和毅選手が初ホームラン

東克樹, 神里和毅, 宮本秀明

横浜DeNAは、ドラフト1位ルーキーの東克樹投手がプロ初勝利を手にした。ドラフト2位ルーキーの神里和毅選手が先頭打者ホームランでサポートした。

初勝利

東投手は初回、表の攻撃でタイムリーヒットを打ち、プロ初打点を挙げていた。ドラフト2位の神里和毅選手の先頭打者ホームランから始まり、5点を挙げ、その裏のマウンドに上った。

この日は調子は良くなかった。プロ初登板となった先日の阪神戦では、勝ち星はつかなかったものの7回6安打1失点の好投を見せていた。しかしこの日は、初回から四球を連発し、マギー選手の3ランホームランを浴びて、5-3と追い上げられた。

しかし東投手は「悪い時にどう抑えるかを考えてやってきた」と、大学時代もエースとしてチームを支えた力を発揮し、2回以降もヒットを許したが6回途中まで無失点に抑えた。5回1/3を投げて6安打7奪三振4四死球3失点という内容だった。

東投手は身長170cm、体重も76kgと大きくない。「ずっと周囲に体が小さいからプロは無理と言われてきた。」と話す。しかし「見返してやろうと結果を残し続けて、そういう声がなくなった」と話すように、愛工大名電、立命館大でプレーし続け、大学時代には152キロを記録して、プロは無理どころか、ドラフト1位でプロ入りする投手となった。

力のある140キロ後半の速球と、大きく曲がるチェンジアップが特徴で、まずはプロ1勝を挙げ、これから10勝、50勝、100勝と勝ち星を積み上げていくだろう。

またこの日はドラフト2位の神里選手に加え、ドラフト7位の宮本秀明選手も、二盗で相手のエラーを誘って三塁まで進むと、犠牲フライでホームに還り、貴重な6点目を奪った。

横浜DeNAは昨年のドラフトで、優勝のための”ラストピース”を獲得することを目標としていたが、東投手、神里選手、宮本選手、楠本選手と、それぞれが持ち味を出してチームの勝利に貢献をしている。

投球より前に打撃で見せる。初回、神里の先頭打者弾などで3点を奪い、なお2死一、二塁からの中前打でプロ初安打初打点を記録。だが直後の投球では坂本勇、吉川尚に連続四球。1死後にマギーの3ランを浴びた。

 だが、ここからが並みの新人ではない。「初回は体が浮ついていたがフォームを修正した」。腕の振りを小さくして制球力が戻ると、五回2死一、三塁では岡本を147キロの外角直球で見逃し三振に仕留めると、気迫の雄たけびを上げた。

 ラミレス監督が「体は小さいが強い心を持っている」と評する左腕。その心を作ったのも、小さな体だった。

 「ずっと周囲に体が小さいからプロは無理と言われてきた。『見返してやろう』と結果を残し続けて、そういう声がなくなった」


PAGE TOP