新人王のDeNA・東克樹投手が、2年目年俸で歴代9位の5550万円で更改

東克樹

セリーグで11勝を挙げ、新人王に輝いた横浜DeNAの東克樹投手が、年俸5550万円で契約を更改した。2年目選手で歴代9位となる年俸となった。

歴代1位はダイエー・和田毅投手

歴代の入団2年目選手の推定年俸は次の通り。10位まで。

1位  和田毅(ダイエー)   8000万円(6500万円UP)
2位  松坂大輔(西武)    7000万円(5700万円UP)
2位  菅野智之(巨人)    7000万円(5500万円UP)
4位  上原浩治(巨人)    6600万円(5300万円UP)
5位  田中将大(楽天)    6000万円(4500万円UP)
5位  則本昂大(楽天)    6000万円(4800万円UP)
5位  マイケル中村(日本ハム)6000万円(4500万円UP)
8位  小川泰弘(ヤクルト)  5600万円(4400万円UP)
9位  東克樹(DeNA)   5550万円(4050万円UP)
10位 澤村拓一(巨人)    5200万円(3700万円UP)

横浜DeNAでは2016年の山崎康晃選手が新人王を獲得しているが、2年目の年俸は5000万円(3500万円UP)だった。東投手は今年先発ローテーションを1年間守り、チーム最多の11勝を挙げた。濱口投手、今永投手が調子を崩す中で一人チームを支えた。

そして飄々としている東投手は「2年目のジンクスは信じないです。本当に良い投手は2年目も活躍する。ベイスターズファンだけに知られる選手で終わりたくないので」と話し、2年目も活躍することを誓った。そしてそのために、「開幕戦で投げる投手はチームの顔。そういう投手になりたい」と話し、石田投手、今永投手、濱口投手、井納投手などが競うとみられる開幕投手を狙う。

今年は本当にルーキーとして素晴らしい活躍だった。来年、東投手が同じくらいの成績を残し、今永投手、濱口投手などが復活し、また今年のドラフト1位・上茶谷大河投手などが活躍をすれば、投手陣ではリーグトップを争う投手陣となる。あとはこの中から、巨人の菅野投手や広島の大瀬良投手のような、真のエースというべき投手が出てくるかどうか。

2017ドラフト指名選手

会見場に積まれた316本もの大量のバナナに、東の表情が緩んだ。イニング間にバナナを食べて栄養補給し、乗り切った1年目。その総決算の交渉を終え「270%アップです。バナナで言うと17万本ぐらいですね」と無邪気に笑った。


PAGE TOP