オリックスドラフト2位ルーキーの野口智哉選手が実戦形式の打撃練習でホームラン

オリックスルーキーニュース

オリックスのドラフト2位ルーキー・野口智哉選手が、プロ初となる実戦形式の打撃練習でホームランを放った。

スポンサーリンク

チーム1号

実戦形式の打撃練習で左打席に立った野口智哉選手は、今年3年目となる育成の中田惟斗投手と対戦、豪快なスイングで外角のストレートを捉えると、打球はバックスクリーン左に飛び込むホームランとなった。

プロとして実戦的な形で打席に入ったの初めてだったが、「入りとしては良かった。球は見えていました」と話した。チームにとってもこれが1号だった。

それでも、「守れないと試合に出られない。打撃は二の次で、守備を鍛えたい」と話し、「紅林くんに追いつきたい」と昨年、パリーグ制覇に貢献した紅林選手を追い詰める。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
オリックス・ドラ2野口が“チーム1号”「もっと上を目指したい」/デイリースポーツ online
 「オリックス春季キャンプ」(7日、宮崎) オリックスのドラフト2位・野口智哉内野手(22)=関大=が、実戦形式の打撃練習で“チーム1号”を放った。豪快なスイングで育成・中田の外角直球を捉えると、風にも乗ってバックスクリーン左へ着弾。見守った中嶋監督にも十分なアピールとなった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント