東北楽天、ドラフト9位の今野龍太投手が151km/h連発

東北楽天ルーキーニュース

 東北楽天が昨年のドラフト会議で9位指名した岩出山高校出身の今野龍太投手が、昨日のイースタンリーグ・埼玉西武戦で151km/hを連発し、打者一人を抑えた。

無名の高校で

 今野龍太投手は岩出山高校出身、2年生秋には部員が4人まで減ってしまい、3年春に1年生7人を集めてようやく大会に出場するチームのエースだった。しかしストレートは146km/hを記録し、春は9回19奪三振完封を記録すると、夏初戦は9回16奪三振ノーヒットノーラン、2回戦の聖和学園戦で8回12奪三振を記録し、他校を圧倒する投手だった。

 この投球に地元、東北楽天のスカウトが注目しドラフト会議では9位で指名をした。

 

いきなり150km/hを記録

 高校生でしかも無名の高校にいた投手ということもあり、1年目は基礎から鍛えるため、デビューは夏近くになる選手が多い。しかし、今野投手は4月19日の北海道日本ハム戦で登板すると最速150km/hを記録し、この日は151km/hを連発して打者一人を抑えた。

 開幕から1軍で投げていた同じ高卒ルーキーでドラフト1位の松井裕樹投手が2軍に降格しているが、ファームに将来に輝く星が誕生した。19日は9回に登板し3安打1四球で2失点、この日も打者一人だけと実戦登板にはまだ時間はかかるが、福岡ソフトバンクの千賀滉大投手のようなデビューを飾る日が訪れるかもしれない。

 

楽天ドラ9今野が自己最速151キロ連発 - ニッカンスポーツ・コム:2014/4/29

  楽天ドラフト9位の今野龍太投手(18)が、自己最速を更新する151キロを記録した。4点リードの9回2死二塁からマウンドに上がると、直球で押した。ネット裏の西武スコアラーのスピードガンでは151キロを連発し、驚かせた。楽天側のスピードガンでは149キロだったが、19日の日本ハム戦では150キロを計測していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント