千葉ロッテのドラフト1位・石川歩投手が開幕ローテ確定、横浜DeNA・関根大気選手は2軍へ

石川歩, 関根大気

 千葉ロッテのドラフト1位・石川歩投手はオリックスとの練習試合で4回5安打も無失点に抑えて開幕ローテーション入りを確定させた。また高校生野手としてキャンプ開幕から1軍メンバー入りしていた横浜DeNA・関根大気選手は、中日とのオープン戦で3三振を喫し、2軍降格となった。

 

開幕ローテーション確定

 石川投手は社会人時代にリリーフとして登板すると150km/hを記録するストレートで圧倒させたが、先発で登板したときはペース配分を考え140km/h前半のストレートと沈む球のコンビネーションで投げ、7回を粘りながら抑える投手だった。この日は先発して4回を投げて5安打、しかしストレートは146km/hを記録して長いイニングでも力で押せるストレートを投げており先発としても合格点といえる投球だった。

 石川投手は「直球は6割くらい。自分と勝負している感じで打者を抑えにいけていない」と話すが、伊東監督は「開幕ローテーション? こっちはそのつもりでいる」と話し、開幕ローテーション入りを確定させた。巨人も1位指名をした投手が、まずは新人王の足がかりとなる開幕から投げるチャンスを得た。

 

高校生ルーキーは降格へ

 高校生野手として唯一キャンプ開幕から1軍メンバー入りし、侍JAPANの小久保監督などからも高い評価をされていた関根大気選手だが、実戦で、打撃、守備でアピールする事ができなかった。この日は前日に東邦高校の卒業式に出席し、そのまま地元・名古屋ドームでの中日戦で1番センターで出場したが、中畑監督からは最後のチャンスと宣告されていた。

 1番として出場し1本ヒットは放ったものの3三振と、チームに貢献する活躍はできず、守備でもエラーにはならなかったものの微妙なプレーを見せ2軍降格が決まった。地元で結果を見せられなかったこと、2軍降格となったことに関根選手は「圧倒的に悔しさだけが残る。振れずに終わった打席が多かった」と話した。

 しかしこの降格は恥ではない。キャンプを1軍で乗り切り、実戦も経験した事は大きい。このまま1軍にいてもベンチにいるよりは、春季教育リーグが始まるファームで試合に出ていたほうが良い。首脳陣もそういう気持ちだろう。

 外野手争いは梶谷隆幸選手、筒香嘉智選手も加わりますます熾烈になっている。その中で、俊足と守備力でベストナインの荒波翔選手にチャレンジできるようになってから1軍でポジション争いをして欲しい。

 

 4回5安打無失点。新人離れした巧みな投球を見届けた伊東監督は「開幕ローテーション? こっちはそのつもりでいる」とドラフト1位右腕の開幕ローテ入りを断言した。

 先発適性を実証した60球だった。初回、4回のピンチは併殺で脱出。最速は146キロを計時し、決め球のシンカーもさえた。石川は「直球は6割くらい。自分と勝負している感じで打者を抑えにいけていない」と反省を口にしたが、指揮官は「先発らしく要所を締めた」と合格点を与えた。

 DeNAの高卒ルーキー・関根が、地元での中日戦後に2軍落ちを通告された。前日に東邦の卒業式に出席し、この日は「1番・中堅」で先発。家族の前でフル出場し、4回には右前打を放ったが、4打数1安打3三振に終わり「圧倒的に悔しさだけが残る。振れずに終わった打席が多かった」と唇をかんだ。

 それでも、春季キャンプから1軍に抜てきされ、ナインも認める野球センスで奮闘した経験は今後の糧になる。「結果を残して1軍で使ってもらえるようにしたい」と闘志を燃やす18歳に、中畑監督は「積極的な姿を見せてくれればいくらでもチャンスを与えたい」と奮起を促した。


PAGE TOP