阪神ドラフト1位・大山悠輔選手が自主トレを公開、つくば秀英高校で

つくば秀英, 大山悠輔

阪神のドラフト1位ルーキー・大山悠輔選手が、母校のつくば秀英高校の野球部グラウンドでの自主トレを公開した。

つくば秀英から

大山悠輔選手はつくば秀英時代はチームのエースと主軸としてプレーし、2年時は準々決勝まで勝ち上がったものの3年時は初戦で敗退するなど、プロからも注目されたがそれほど名前が挙がってはいなかった。大学では白鴎大でプレーし大型内野手として力をつけると、昨年、春のリーグ戦で8本塁打を放ち、侍ジャパン大学代表の4番に座り、そしてドラフト会議では阪神のドラフト1位指名と、一気に知名度が全国区となった。

それでも大山選手は、「全国区に。活躍するイコールそうなると思うし、全国の人にもっと知ってもらいたいです」と話し、プロで活躍して全国区の知名度を獲得することを目標とした。それに向かって年末から無休で自主トレをしているという。

つくば秀英からは今年、長井良太投手が広島からドラフト6位で指名され、大山選手と高校、大学で一緒にプレーした中塚駿太投手が埼玉西武にドラフト2位で指名されている。一緒に自主トレをしているのかはわからないが、関係者が一気に3人もプロ入りすることで、これまでもプロ野球選手を輩出していたつくば秀英が、俄然注目されそうだ。選手の活躍とともに、つくば秀英も全国区になっていく。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page

1年目の目標には「けがなく(1年間)できるように」と掲げた。昨年12月の新入団会見では高山に続く「2年連続新人王」を宣言。これまであまり取り組んでいなかったウエートトレーニングも正しいフォームでしっかりと行うよう心がけている。目標達成へ準備は怠らない。

 「全国区に(なりたい)。活躍する、イコール、そうなると思うし、全国の人にもっと知ってもらいたいです」


PAGE TOP