富士重工・東明大貴投手に8球団が視察、阪神スカウトがドラフト1位評価

社会人野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 社会人野球関東選抜リーグ戦の富士重工vsJX-ENEOS戦で、ドラフト1位候補の富士重工・東明大貴投手が登板した。

 東明投手は最速146km/hの力強いストレートで7回を5安打無四球で、王者JX-ENEOSを1失点に押さえる好投を見せた。都市対抗などでも140km/h中盤のストレートを投げる。大学時代は140km/h中盤のストレートを低めに投げて、福谷浩司投手(2012年中日ドラフト1位)などと互角以上の投球をを見せていた。最近は球が高めに上ずることが多かったがこの日のピッチングは良かったようだ。

 この試合にはプロ8球団のスカウトが視察し阪神は3人で視察、中尾スカウトは「1位では消えるでしょう」とドラフト1位と評価した。

 東明大貴投手にはオリックスが高く評価をしており、外れ1位までには指名してくると見られる。他にも横浜DeNAなども以前より評価している。ドラフト1位で消える事になりそうだ。

富士重工・東明に虎スカウト1位級評価  - デイリースポーツ:2013/9/26

 今秋ドラフト1位候補の最速150キロ右腕、富士重工・東明大貴投手(24)が25日、社会人野球関東選抜リーグのJX‐ENEOS戦に先発。阪神を含む8球団のスカウトが視察する前で、7回5安打1失点と好投した。直球は最速146キロをマークし無四球とテンポの良さも光った。「あまりいい状態ではなかったけど、今日の100%は出せた」と東明。3人態勢で視察した阪神の中尾スカウトは「1位では消えるでしょう」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント

  1. 球が上ずるのが多いとかいかんでしょw