新日鉄広畑・森原康平投手に11球団スカウト視察

森原康平, 新日鐵住金広畑

都市対抗近畿ブロック予選では新日鐵住金広畑の148キロ右腕・森原康平投手の投球に、11球団のスカウトが視察に訪れた。

11球団視察

森原康平投手は山陽高校から近大工学部を経て新日鐵住金広畑の2年目の選手。183cm83kgの体から最速148キロの速球を投げ注目されている。

この日は第2代表トーナメントの準決勝・三菱重工神戸高砂戦に先発し、5回までは2安打無失点に抑えたものの、6回に2点、7回ににも3失点し、7回5失点で降板し敗戦投手となった。最速は148キロを記録し、アベレージでも145キロ前後という投球に森原投手は「ボール自体は悪くなかったが、相手に合されてしまった」と話した。打ち取った打球が内野安打になるなど不運もあったが、「とにかく下半身を使って」と話した。

この日は阪神、巨人など11球団のスカウトが視察し、森原投手の投球を視察した。投球内容をどのように評価したのかも気になるが、いずれにしても大きくアピールする場となる都市対抗本選で投げる事が、プロへの道を確実なものにする。

新日鐵住金広畑のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-近畿地区のドラフト候補リスト

11球団終結も新日鉄広畑・森原KO デイリースポーツ紙面 2016/6/4

 


PAGE TOP