中日スポーツが注目の中部地区の社会人ドラフト候補

小畑尋規, 水野匡貴, 柳沢一輝, 嘉陽宗一郎, 松向輝, 立野和明, 星野裕帆, 小久保気, 緒方太地

中日スポーツは2019年の中部地区の主な社会人の候補8人を挙げている。

中日スポーツが注目する中部地区の社会人ドラフト候補

位置 選手名 チーム 年数 身長 体重 投打 出身
投手 立野和明 東海理化 高卒3 181 77 右右 中部大第一
小久保気 西濃運輸 大卒2 177 72 右右 鹿児島玉龍-四国学院大
緒方太地 ヤマハ 4 186 80 右右 福岡工-沖データPC
水野匡貴 ヤマハ 大卒2 182 82 右右 静岡高-明治大
嘉陽宗一郎 トヨタ自動車 大卒2 186 78 右右 松山聖稜-亜細亜大
松向輝 新日鐵住金東海REX 高卒3 178 82 左左 市岐阜商
柳沢一輝 Honda鈴鹿 大卒2 179 82 右右 広陵-早稲田大
星野裕帆 三菱自動車岡崎 高卒3 183 83 右左 川越東
捕手 小畑尋規 トヨタ自動車 大卒2 180 80 右右 北照-立正大

立野投手は152キロの右腕で低めに伸びのあるストレートとスライダーなど変化球もコントロールも良く、ドラフト上位指名は間違いない。小久保投手は投げっぷりが良く、キレの良い148キロの速球を投げ、昨年の都市対抗でも活きの良い投球を見せていた。

緒方投手は大型右腕で最速149キロ、高校卒後に野球を続けるつもりはなかったが、周囲が才能を惜しみ沖データPC学院を勧められ、昨年春にヤマハに移籍をしている。高校を卒業してから4年目の投手で大学生のドラフト候補と同じ学年。今年のブレークが期待される。水野投手は明治大時代は2番手投手として投げ、148キロを記録するが総合的な投球を見せる。

嘉陽投手は大学1年時に147キロを投げたが、その後は球速は伸びていない。昨年ウインターリーグでも低めに丁寧に投げるようなスタイルを見せていた。松向投手は球速は140キロ台前半だが、非常にキレの良いスライダーを持つ左腕。

柳沢投手は捕手と投手の二刀流で、投手としては150キロの力のある球を投げる。星野投手も高卒3年目の若さがあり、183cmの大型右腕で146キロを記録する。今年150キロを記録すれば上位の声も出てくるかもしれない。

小畑選手は立正大時代も注目された捕手、細山田捕手を超えられるか。

2019年度-社会人投手のドラフト候補リスト
2019年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
2019年度-東海地区のドラフト候補リスト


PAGE TOP