大阪ガス・小深田大翔選手が阪神2軍から2安打、巨人スカウトが評価

大阪ガス, 小深田大翔

阪神はこの日、2軍と大阪ガスとのプロアマ交流戦を行い、ドラフト候補に挙がる小深田大翔選手が活躍を見せた。

打撃と足を見せる

小深田大翔選手は巧みな打撃と50m5.8秒の俊足、そしてショートで魅せる守備力があり、プロからも高い評価を受けている。

この日は2番ショートで出場すると、3回に岩貞投手からセンター前ヒット、また7回には四球で出塁すると、次のバッターのライトオーバーの2ベースヒットで一気にホームに生還した。そして9回には尾仲投手からセンター前ヒットを打ち、4打数2安打に俊足も見せつけた。

この日は阪神は畑山スカウト統括、佐野顧問などが視察をし、巨人の岸スカウトも視察に訪れれた。その岸スカウトは、「足が一番の武器。体が小さい割には、しっかりスイングができるし、広角に打てる技術もある。」と3拍子が高いレベルにあると評価、そして、「全国を見た中でも、社会人の即戦力として一番、名前が挙がっている選手。うちを含めて、他球団も確実に評価していると思う」と話し、巨人もリストアップをしている他、社会人NO.1と評価した。

小深田選手は即戦力内野手として、日刊スポーツの評価ではAランクが付けられている。個人的には昨年の近本選手ほどブレークはないと思うが、即戦力内野手としては大学、社会人を合わせても、最も安心して内野手として使えそうで来年の活躍が一番期待できる選手だと思う。「上でもやりたいと思ってます」

この日は大阪ガスの先輩で1年目からブレークした近本選手と会い、「まだまだ近本さんに比べたら」と話したものの、「2安打して安心した」と話し、「上でもやりたいと思ってます」とプロ志望を示した。

2019年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

視察した巨人の岸スカウトは「足が一番の武器。体が小さい割には、しっかりスイングができるし、広角に打てる技術もある。全国を見た中でも、社会人の即戦力として一番、名前が挙がっている選手。うちを含めて、他球団も確実に評価していると思う」と、賛辞を並べた。

阪神畑山アマスカウト統括、佐野顧問らも見守る中「2番遊撃」でフル出場し4打数2安打。二塁打で一塁からホームインするなど自慢の足も披露した。大阪ガスOBの阪神近本とも顔を合わせ、激励された。盗塁のノウハウを教わっていた近本は1年目から大ブレーク。「まだまだ近本さんに比べたら」というが「上でもやりたいと思ってます」とプロで先輩に続く活躍を目指す。


PAGE TOP