花巻東・西舘勇陽投手は大学進学決断、将来プロで佐々木投手との投げ合い実現目指す

花巻東, 西舘勇陽

3日にプロ志望届の提出が締め切られたが、プロから注目された選手だったものの、プロ志望届を提出しなかった選手も少なくない。

佐々木のライバル

大船渡の佐々木朗希投手の地元のライバルと言われたのが、花巻東の西舘勇陽投手だ。1年生の秋には、菊池雄星投手や大谷翔平投手が付けた背番号17を与えられ、140キロを超すストレートと鋭いスライダーを見せて、大谷2世と注目されていた。

しかし、その後は大谷投手と同じく、成長に伴う腰痛などに悩まされ、投球フォームが固まらずに制球を乱す投球が続いた。2年夏に佐々木投手が150キロ級の球を見せ、評判が挙がっていく中で、思うような投球ができない状態が続いた。

それでも3年生になると球速は150キロの大台にのった。制球については最後まで固められず、甲子園でも重要な場面で起用されたが痛打を浴びて初戦敗退となったものの、岩手大会準決勝の黒沢尻工戦や、佐々木投手が投げずに勝利した決勝の大船渡戦では、光が見える投球を見せていた。

持っているポテンシャルは非常に高い。しかし、投げては失点をしてしまうなど、試合を支配するためにはまだまだ距離がある。その点をしっかりと考え、西舘投手はプロ志望届を提出せずに進学することを決めた。高校時代にライバル・佐々木投手との対決は実現しなかった。大学の4年間で技術面と精神面を鍛え、プロで今度こそ、佐々木投手との投げ合いを実現させる。

佐々木投手は大谷翔平投手のようにプロ5年間でメジャーに飛び立つ可能性もある。西舘投手は4年後は即戦力のドラフト1位クラスになり、プロ1年目で1軍ローテーションに入らなければ、佐々木投手との対戦は実現できない。大きな目標だが、必ず実現してほしい。

プロ志望届を出さなかった注目高校生(2019)
2019年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト

1年秋からマリナーズ菊池やエンゼルス大谷も背負った出世番号17をつけた。140キロ超の直球とスライダーを武器に、東北大会準優勝でセンバツ出場切符獲得に貢献。同学年の大船渡(岩手)佐々木朗希投手よりも先に「新怪物候補」と称され、注目を集めた。


PAGE TOP