JFE東日本の今川優馬選手が社会人通算23本目のホームラン、楽天スカウト部長が評価

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

JFE東日本はセガサミーと練習試合を行い、プロ注目の右のスラッガー・今川優馬選手が9回にホームランを放った。

スポンサーリンク

2年で23本塁打

今川優馬選手はこの日、9回の最後の打席でセンター方向にソロホームランを放った。スライダーに絞っていたけど、インの真っすぐに反応できた」と話した。

東海大北海道時代からホームランバッターとして注目され、大学時代はプロ志望届を提出して指名を待ったものの、悔しい指名漏れとなった。そしてJFE東日本に進むと、都市対抗でのホームランなど1年目から活躍し、この日で2年間で社会人通算23本目のホームランとなった。

この日は巨人など5球団が視察をしたが、社会人屈指のホームランバッターに東北楽天の後関スカウト部長は「前の打球がぎりぎりファウルになったら、次の球を捉えた」と話し、相手投手に対応しながら、続けて飛距離の出る打球を放つ長打力を評価した。

昨年都市対抗で優勝したJFE東日本は、都市対抗の予選が免除されるため、11月に行われる本戦まで試合がない。プロ入りアピールしたい選手にとっては厳しい状況となる。チームには平山快選手、峯本匠選手、岡田耕太選手などのスラッガーがそろうが、練習試合などでアピールを続けるしかない。

2020年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
JFE東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

JFE東日本は11日、セガサミーと練習試合を行い、プロ注目の右打者、今川が九回に中越えへソロ本塁打。2-0での勝利に貢献した。東海大北海道から入社2年目で通算23本目のアーチに、今川は「スライダーに絞っていたけど、イン(コース)の真っすぐに反応できた」。楽天・後関スカウト部長は「前の打球がぎりぎりファウルになったら、次の球を捉えた」と、都市対抗連覇を目指すチームの3番打者の能力を認めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント