JFE東日本・今川優馬選手が4打数ノーヒットで終戦、悔しさはプロで

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

都市対抗野球では、JFE東日本が初戦で敗退した。北海道日本ハムからドラフト6位で指名された今川優馬選手は4打数ノーヒット。守備でもレフトへのタイムリーの処理でミスをして得点を与えた。

スポンサーリンク

今日の負けは自分のせい

今川優馬選手はこの日、5番レフトで出場すると、守備では初回のレフト線2点タイムリーヒット、2回のレフトオーバーのタイムリー2ベースヒットで、処理にミスがあり3点を与えてしまった。また打撃では8回2アウト1塁の場面で打席に入ると、良いあたりだったもののレフトライナーとなり、4打数ノーヒットに終わった。

昨年は歓喜を味わった都市対抗、その活躍もあり、今年のドラフト会議で見事に夢のプロ入りを掴んだ。しかし今年は初戦敗退、試合後には涙を見せ、「僕の守備のミスで3点入ってしまって、それでいて1本も打てなかった。やはりチームを勝たせられなかったことが全てにおいてダメ。きょうの負けは自分のせいだと思っています」と責任を引き受けた。

どんな名選手でも、こういう日は年に1日はあると思う。JFE東日本は今年、公式戦がこの1試合のみだったが、今川選手にとってそれがこの日に当たってしまった。

この日の悔しさはプロで晴らす。「プロで活躍して、今川を出して良かったと思われるように精進したい」と目線を前に向けた。

三菱自動車倉敷オーシャンズの154キロ右腕・廣畑敦也投手を打ちあぐねた。「直球に振り負けないように対策はしてきました。でも広畑君は上回ってきた。」と話す。それでも「ナイスピッチャーでした」と相手投手を讃え、全力で駆け抜けたアマチュア野球のグラウンドを、爽やかに飛び立つ。

都市対抗野球(2020)1日目の対戦カードと注目選手
今日開幕する都市対抗野球本戦。初日から昨年の決勝で戦ったJFE東日本、トヨタ自動車が登場します。対戦カードと注目選手の一覧です。
2020年度-社会人外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【都市対抗野球】前年覇者のJFE東日本が初戦敗退 日本ハムドラ6の今川優馬は4打数無安打で「自分のせい」
 日本ハムからドラフト6位指名を受けたJFE東日本の今川優馬外野手(23)は「5番・左翼」で先発し4打数無安打。前年王者のチームは、三菱自動車倉敷オーシャンズの先発・広畑を打ち崩せず初戦で敗れた。
JFE東日本・今川4打数無安打 広畑対策実らず - アマ野球 : 日刊スポーツ
予選免除の前年覇者JFE東日本が初戦で敗退した。コロナ禍で各大会が中止となり、難しい調整の中で迎えた今季初の公式戦で広畑を打ち崩せなかった。「5番左翼」でフル… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
JFE東日本 日本ハムドラ6今川、無念の無安打で涙の終戦 プロでの精進誓う - スポニチ Sponichi Annex 野球
 日本ハムからドラフト6位で指名されたJFE東日本・今川優馬外野手は「5番・左翼」で先発も、4打数無安打。連覇は果たせなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント