東京ガス・益田武尚投手が153キロ、ドラフト指名漏れからドラフト注目候補へ巨人スカウトが評価

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

東京ガスのルーキー、益田武尚投手が、最速153キロを記録した力のある速球で、5回2安打2失点の好投をみせた。

スポンサーリンク

常時150キロ

益田武尚投手は北九州市立大時代に152キロの速球を投げ、昨年のドラフト会議でも注目されていた。しかし、ドラフト会議では名前が呼ばれず、悔しい思いを胸に、東京ガスに進んだ。

この日は東京ガスにとって3年ぶりとなる都市対抗本戦、嘉穂高、北九州市立大では全国の舞台を経験できなかった益田投手にとって、初の全国の大舞台となる先発を任されると、初回に150キロ台を連発した。2回には自己最速となる153キロを記録して打者を圧倒し、3回までノーヒットに抑えた。

4回にミキハウス打線にストレートを合わされ始め、2四球と2安打で2失点したものの、「キレ重視。変化球も力を入れすぎると浮いてしまうので、打者の反応を見ながら低めに投球しました」と話すように5回には低めに投げる事を意識して無失点に抑え、5回を2安打5奪三振2失点に抑え、勝利に貢献した。

この日は巨人の脇谷スカウトが視察し、益田投手について、「大学の時から見ているが、社会人になっていろいろな面でレベルアップしている。体の強さがあるし、コーナーに投げられる制球力もある。」と評価、他のスカウトからも「ストレートの強さは魅力」「アベレージで150キロが出ているのがいい」と声が挙がっていたという。

益田投手は「人生初めての全国大会で先発させてもらい、最低限の仕事ができた。次の試合に向けて自分の投球をしたいと思います」と話す。そして、「真っすぐを追求して、もう一度、ドラフト1位を目指したい」と、来年のドラフト会議では1位指名を目指す。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【都市対抗野球2021】4日目の対戦カードと注目選手一覧
都市対抗本戦の4日目の対戦カードと注目選手の一覧です。

▼巨人・脇谷亮太スカウト(益田について)大学の時から見ているが、社会人になっていろいろな面でレベルアップしている。体の強さがあるし、コーナーに投げられる制球力もある。

東京ガス初戦突破 ルーキーの先発益田武尚が好投「いい投球」監督称賛 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京ガス(東京都)が粘るミキハウス(八尾市)を振り切り、初戦突破を果たした。3年ぶりに都市対抗に出場した東京ガスは、初戦の大舞台をルーキーの益田武尚投手(23… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【都市対抗野球】153キロをマークした東京ガス・益田武尚が来秋のドラフト候補に浮上
 北九州市立大を卒業して入社1年目で先発マウンドに上がった東京ガスの益田武尚投手(23)は、初回から自慢のストレートで押した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント