日本新薬・福永裕基選手が2本塁打、大学卒4年目も「絶対プロに」

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東京スポニチ大会では日本新薬の福永裕基選手がENEOS戦で2本塁打を放った。大学卒4年目だが「絶対プロに行ってやると思って取り組んでます」と話した。

スポンサーリンク

2本塁打

福永裕基選手はこの日のENEOS戦で3番サードで出場すると、初回の第1打席は四球、4回の第2打席は先頭打者でレフトスタンドにホームランを放った。

そして6回の第3打席はランナーを置き、再びレフトスタンドへ運ぶ2打席連続ホームラン、8回もセンター前ヒットで3打数3安打3打点2本塁打の大活躍を見せた。前日の三菱自動車倉敷オーシャンズ戦でも、第5打席にセンターオーバーのホームランを放つなど5打数3安打3打点の活躍を見せていた。

福永選手は専修大から日本新薬に進み、強打の二塁手として活躍、大舞台でも長打力を見せており、ドラフト会議での指名の可能性もある選手だった。しかし、大学卒2年目にドラフト指名が解禁されてから2年間、指名はなかった。

今年は社会人4年目となる。多くの選手が大学卒3年目を最後にプロ入りを諦める事が多いが、福永選手は「絶対プロに行ってやると思って取り組んでます」と話す。

思いだけで無く、オフのトレーニングでさらにパワーを増し、「打席ではフルスイングしないイメージで振っています。」と力強さを増したスイングを見せる、日本新薬の臨時コーチとなっている宮本慎也氏からも「すごいな」と初めて褒められるようになったという。

村松監督も「彼はプロへの思いが強く、それがモチベーションになっている。この感じで打ち続けて欲しいし、もっとレベルアップして引っ張ってもらいたい」とプロ入りへ後押しをする。

今大会、チームは予選リーグで敗れたが、3試合で11打数7安打、3本塁打、6打点、そして3盗塁と、安打数・本塁打・打点・盗塁の4部門で現時点でトップの成績となっている。この勢いでまずは都市対抗まで駆け抜けたい。チームを本戦に出場させ、東京ドームでその打撃を見せつけることができれば、目標の場所に到達する可能性が高くなる。

2022年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本新薬 福永2発3打点で猛アピール「絶対プロに行ってやると」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 勝ったチームが決勝トーナメント進出となるしびれる試合で、日本新薬の福永が2本塁打、3打点の活躍を見せたが及ばなかった。

入社4年目。プロを目指しながら声がかからず「今年こそ」との思いが春から爆発。臨時コーチを務める宮本慎也氏からも「すごいな」と初めて褒められるなど、さらにパワーアップした。「打席ではフルスイングしないイメージで振っています。今年こそ都市対抗に出てチームの成績とともに自分も結果を残したい。絶対プロに行ってやると思って取り組んでます」と次のステージを目指す。村松聡監督も「彼はプロへの思いが強く、それがモチベーションになっている。この感じで打ち続けて欲しいし、もっとレベルアップして引っ張ってもらいたい」と話していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント