【2022センバツ】京都国際の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、京都国際の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:森下瑠大投手

昨年夏の甲子園でベスト4入り、今年の高校生左腕のトップランクの選手として注目される。球速は143キロだが、伸びる球質とコントロールされた球で、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークなどの変化球もコントロールできる。これからプロ入りして体が作られれば、かなりの投手になると感じさせる。また、打撃も注目ポイントの1つ。

注目度B:平野順大投手

173cm72kgの右腕投手で、森下投手と二枚看板と注目されるも、昨年はなかなか実績で森下投手に追いつけなかった。しかし、この冬に最速145キロまで到達し、力強さを増した投球をチェックしたい。

注目度B:武田侑大内野手

176cmの遊撃手で、1年時からショートで俊敏なプレーを見せ、日本ハム入りした上野響平2世と注目された。しかし、守備に関しては上野選手の弟の上野楓真選手の方が評価されるようになっている。それでも、昨秋は8試合で14安打、2本塁打と長打力も増し、4盗塁も記録している。走攻守揃った遊撃手として3年間を駆け抜けたい。

注目度B:伊藤蓮投手(新2年)

184cmの右腕投手で最速140キロの速球を投げる。大型の本格派右腕として、来年のエースが期待されており、センバツで登板があれば注目したい。

注目度C:上野楓真内野手

日本ハム入りした上野響平選手の弟で、昨秋はサードで出場したが、守備の動きの良さから兄も守ったショートへのコンバートも考えられている。ショートでどのような動きを見せるか素質を注目したい。

注目度C:岩内琉貴也外野手

50m6.2秒の足と遠投110mの肩があり、昨秋は打率.519を記録した。まだ線が細いが体がさらに作れて打球の強さが出てきたら面白そう。チェックしたい。

注目度C:辻井心捕手

阪神入りした中川選手の後を託された選手。3番を打つが四球で出塁し、タイムはそれほど速くないものの8試合で3盗塁を決め、打率.462を記録するなど器用な選手としてチームに貢献する。

注目度C:三浦悠聖外野手

50m6.1秒の足でセンターで広い範囲を守れる。昨秋は8試合で5盗塁を記録し、その足や守備をチェックしたい。

注目度C:森田大翔投手

130キロ中盤の速球を投げ、森下、平野に続く投手として投げているが、実戦でその力を見せられていない。

注目度C:浜田泰希内野手(新2年)

188cmの右のスラッガーで、守備に課題があるものの、長打力ではチーム屈指。総合力を高めて試合に出場したい。

注目度C:金沢玲哉内野手(新2年)

打席で器用さと長打力を持つ選手で、小牧監督も期待をする。長打力の程を見てみたい。

チーム

全国屈指の森下投手と平野投手の2枚看板があり、平野投手が安定した投球ができるようになれば、万全の状態となる。伊藤投手、森田投手など力のある投手もいるが、森下投手が投げないときに、しっかりと失点を抑えられるか。

打線は1番・武田選手と、主軸に打撃も良い平野選手、森下選手が座り、2、3番で岩内選手、辻井選手が繋ぐ形。下位打順の選手も足も使えるので、打撃で1番の武田選手に繋ぐことができれば、もう1つ得点パターンができる。

投手が1点に抑え、打線が4点を奪うのが理想な形。森下投手が投げる時に失点はそれほどないので、それ以外の投手が投げている時に、1点でも多く得点を奪っていけるか。優勝候補の1つ。

京都国際高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント