早大のドラフト1位候補、有原航平投手、中村奨吾選手がプロ入り希望表明

早大, 有原航平, 中村奨吾

 早稲田大野球部は練習納めを行い、来年のドラフト1位候補、有原航平投手と中村奨吾選手がそろってプロ入りを希望した。

 

投手の注目、有原航平

 来年の早稲田大には、投手と野手のドラフト注目選手がそろう。有原航平投手は156km/hの速球を投げる大型右腕で、既に広島などがドラフト1位候補として名前を挙げるなど、大学生投手の目玉となっている。その有原投手はこの日、「高校を卒業した時から、大学が終わったらプロ、という目標で入ってきた」と話し、来年のプロ入りを希望した。

 有原投手は広陵高校の3年時にセンバツでベスト4まで勝ちあがると、夏も甲子園に出場し、186cmから140km/h中盤の速球を投げる大型右腕としてプロからもドラフト上位候補と評価されていたが、夏ごろには進路を早稲田大に決めており、プロ志望はしなかった。

 それから3年で球速も156km/hを記録し、今秋のリーグ戦では3勝1敗、防御率0.72で最優秀防御率を獲得した。ここまで13勝10敗だが上昇カーブを描いており、良いペースで成長している。

 

野手の注目、中村奨吾

 また中村奨吾選手もこの日、「チームとして結果を出して、気持ちよく指名していただきたい」とドラフト会議での指名を希望したが、「プロで活躍したい思いはあるが、まずはチームがリーグ優勝できるように働きたい」と東京六大学制覇を目標とした。

 中村選手は春に打率.349を記録すると、秋には4本塁打を放ちホームラン王に輝く。日米大学野球でも主軸を任されるなど信頼感が厚い。また守備でもセカンド、ショートやセンターを守り、50m6.2秒の足もある選手。プロからは鳥谷2世としてドラフト上位候補に名前が挙がる。

 

 東京六大学野球の早大が、西東京市のグラウンドで今年最後の練習を行った。3季連続で優勝を逃しているだけに、岡村猛監督は有原、中村の来秋ドラフト1位候補コンビに奮起を促した。

 「有原には10勝するくらいのつもりでやってほしい。中村もここ一番で打てるように」。最速156キロを誇るエース右腕の有原は「強い気持ちを持って臨みたい。優勝してベストナインを獲って、胸を張ってプロに行きたい」と決意を新たにした。リーグ戦通算7本塁打で、右の大砲としてスカウトから高評価を受ける中村主将は「プロで活躍したい思いはあるが、まずはチームがリーグ優勝できるように働きたい」と意気込んだ。

 早大は27日、年内の日程を終了。岡村監督は、来年のドラフト1位候補で最速154キロのエース右腕・有原に東京六大学の来春のリーグ戦で“10勝指令”を出した。「3戦目で勝つのではなく、1戦目勝って、2戦目も投げて勝つ気概が必要。シーズン10勝を目標にしてほしい」。3年まで通算13勝10敗の有原は「期待に応えるよう頑張りたい」とオフ返上の覚悟を示した。

有原&中村がプロ希望宣言 - ニッカンスポーツ紙面:2013/12/28

 


PAGE TOP