立教大が法政大に完敗、早稲田大は丸子達也選手、茂木栄五郎選手が活躍

丸子達也, 内田聖人, 茂木栄五郎, 小島和哉, 熊谷拓也, 齋藤俊介

 東京六大学リーグは法政大が立教大の大城滉二選手を4打数ノーヒットの封じ、齋藤俊介投手から3点を奪って3-0で勝利した。2年目の熊谷拓也投手が7回無失点と好投を見せた。早稲田大は4年生になる丸子達也選手と茂木栄五郎選手の活躍で東大に大勝した。

法政大が完勝

 法政大は2年生で平塚学園出身の熊谷拓也投手が先発すると、7回を5安打4奪三振1四球と終始安定した投球を見せて無失点に抑えた。最速は140km/hも、カットボールやスライダーで抑えた。

 熊谷投手は高校2年の秋に、その夏の甲子園でヒーローになった桐光学園の松井裕樹投手と対戦して2-1で勝利している。最速144km/hを投げる180cmの本格派右腕として、いずれプロの舞台で松井投手と再び対戦すると思う。

 また、攻撃でも立教大の4年生・齋藤俊介投手は立ち上がりは抑えられたが2回に2点、6回に1点を奪った。立教大は昨日2本の2ベースを記録していた大城滉二選手がノーヒットに抑えられた。

 

早稲田大も快勝

 一方、早稲田大は東大に9-0で快勝した。4年生になり、社会人対抗戦でJR東日本の田嶋大樹投手からホームランを放ち4番に座っている丸子達也選手が2本の2ベースヒットなどで3打点を上げた。また8回に代打で出場した茂木栄五郎選手がホームランを放った。

 投げては2年生の大竹耕太郎投手が7回2安打6奪三振で無失点に抑えると、8回には浦和学院でセンバツ準優勝の小島和哉投手が大学初登板、1回を2三振ノーヒットに抑えた。最後はリリーフエースの内田聖人選手が1回をノーヒットに抑えた。

 4年生になる選手たちが活躍を見せている。こちらも注目したい。

2015年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP