九州産業大が東海大を撃破、強力投手陣で勝ち星掴む

九産大, 森川祐至, 井手亮太郎, 高良一輝, 伊藤奨太

 九州産業大は、昨日はエースの3年生・高良一輝投手が完封し勝利、そしてこの日は前年王者の東海大と対戦、先発には2年生の147km/hサイドスロー・井手亮太郎投手を起用した。

強力投手陣

 今の九産大には実力を持った投手陣が揃う。先発した井手投手は、荒れ球ながらも147km/hを記録した速球を投げ込み、3回で3つの四死球を許すも3三振を奪い、ヒット1本に抑えて無失点に抑えた。4回に打球が足に当たり降板したものの、活きの良いピッチングを見せた。

 リリーフしたのは伊藤奨太投手、球速は130km/h後半なのだがテンポよく丁寧に投げ、4回2/3を2安打無失点に抑えた。伊藤投手はリーグ戦でもリリーフで4試合に登板し10回1/3を無失点に抑えているが、3勝0敗を記録する勝ち運に恵まれた投手で、この日も勝利投手となった。

 8回2アウトからは最速148km/hの森川祐至投手が登板し、三振を奪った。森川投手は昨年の大学野球選手権で力のある速球を見せ注目された。今年はリーグ戦も不調で投手は大学野球選手権の出場メンバーにも入っていなかった。直前に入れ替えでメンバー入りしているが。球速は140km/h前半と、昨年よりは調子を落としている。185cmの大型右腕だけに来年のドラフトへの期待は高い。復活を期待したい。

 そして9回は昨日、完封劇を見せた高良一輝投手が登板、1回を1奪三振、外野深くまで飛ばされるなど、やはり昨日の疲れは残っているようだったが、1回を無失点に抑えた。

 投手は6人が登録されているが4年生は一人もいない。3年生3人、2年生3人だが強力な投手陣が揃う。来年、再来年とドラフト会議で九州産業大の名前が呼ばれそうだ。

九州産業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

九産大は零封リレーで昨年覇者の東海大を破り8強進出。公式戦初先発の井手が3回に打球を左すねに受けて降板したが、後続投手が冷静に0をつないだ。


PAGE TOP