関西大の150キロ右腕・山本隆広投手が完全試合達成!

関西大, 山本隆広

関西学生リーグでは、関西大の3年生で150キロ右腕の山本隆広投手が、近畿大を相手に完全試合を達成した。

172cm、150キロ右腕

山本隆広投手は172cmと身長は高くないが、春のリーグ戦で150キロを記録した。昨年秋にリーグ戦初先発で完封勝利を挙げると5勝をしてMVPを獲得し、今年春も5勝を挙げた。

今シーズンも2勝をして迎えたこの日、ストレートは140キロ前半から中盤だったが、得意のスライダーとフォークボールが冴え、三振10、内野アウト7、外野アウト10で完全試合を達成した。27人目の打者には「狙いに行きました」と三振で締め「ウォー」と叫んだ。

今シーズンはこれで3勝0敗、防御率0.67、27かいで四球は2つのみと、抜群の安定感を見せる。阪神の投手コーチも務めた山口高志氏が関西大野球部のアドバイザーとして山本投手を始動しており、来年のドラフト上位候補の一人。

この完全試合で箔が付いた山本投手、来年は非常に注目されそうだ。

2018年度-大学生のドラフト候補リスト

「真っすぐが良かったのでストライク先行を意識した」。172センチながら下半身を使った力強いフォームで今春150キロをマークした直球を軸に、スライダー、フォークを交えて走者を許さず奪三振10、110球の会心の投球だった。

 最後の27人目の打者を「狙いにいきました」というストレートで空振り三振に仕留めると、山本はマウンド上で両拳を握りしめ「ウォー」と雄たけびをあげた。

大阪・桜宮高出身の右腕は阪急(現オリックス)で活躍したOBの山口高志氏から左足を上げた際に体が反る癖の修正指導を受け、球威が増した。昨秋、今春はともに5勝。今季も3連勝で防御率0・67と圧倒している。


PAGE TOP