立正大、投手陣がヤクルト2軍を1失点に抑えるも無得点

立正大, 糸川亮太, 山本雅也

立正大は東京ヤクルトとプロアマ交流戦を行い、7回制の試合で0-1で敗れた。3年生になる糸川亮太投手が先発して2回1失点の投球を見せた。

投手がカギ

立正大は昨年秋に明治神宮大会で優勝をしたが、伊藤裕季也選手、小郷裕哉選手などのドラフト会議で指名された打撃陣とともに、2年生の糸川亮太投手投手の好投が光っていた。

糸川投手は170cmの右腕で球速も130キロ台だったが、九州共立大戦では8回を6安打6奪三振無失点に抑えると、続く関西国際大戦でも先発し4回を2安打1失点、そして決勝ではリリーフで1イニングに登板し1回1安打無失点と、13回を投げて9安打1失点の好投を見せ、日本一に貢献した。

今年は伊藤選手、小郷選手が抜け、ますます投手陣が頼りとなりそうな立正大、この日のヤクルト戦でも投手陣が奮闘した。先発した糸川投手は2回5安打で1失点とやや苦しんだが、今年2年生になる広陵出身の左腕・山本雅也投手が1回を無失点に抑えるなど、7回制の試合でヤクルト2軍を1失点に抑えた。

ただし、打線はヤクルトの館山投手などに7回を4安打に抑えられ無得点、坂田監督は「プロの力がよくわかったと思うし、そうでなくてもミスが出てはいけないことや、簡単に点が入らないことがわかったと思う。」と話し、「投手はまずまずだから」と、今シーズンはバントなどを絡めて1点を取る野球を目指すことを話した。

昨年も立正大は戦前の評価は高くなく、春は5位だったものの秋は優勝をしている。しかし、打線の核が抜けた事で、今年も厳しい戦いとなりそうだが、そこから這い上がるチームでもあり、打者で台頭する選手が出てくることを期待したい。

立正大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨秋のリーグ優勝、明治神宮野球大会(大学の部)優勝のメンバーからクリーンアップなど主軸が抜けた立正大は、昨秋主戦の右腕・糸川亮太投手(2年)が先発し2回5安打1失点。その後は5投手が無失点に抑えたが、打線がヤクルトの先発・館山昌平投手に3回1安打に抑えられるなど計4安打で、無得点に終わった。


PAGE TOP