創価大の小孫竜二投手を中日、ヤクルトが評価、154キロ右腕・杉山投手など4人がプロ志望届提出

創価大, 山形堅心, 小孫竜二, 杉山晃基, 望月大希, プロ志望表明

東京新大学リーグでは、創価大が開幕戦を迎え、152キロ右腕の小孫竜二投手が先発し、5回3安打1失点でスタートを切った。中日、東京ヤクルトのスカウトが高く評価をしている。

総合力高い右腕

小孫竜二投手は遊学館高校時に140キロ中盤の速球を投げて注目されていたが、大学でも152キロを記録する右腕投手として活躍を見せている。今夏はオープン戦で自己最速150キロを上回り152キロを記録、先日の北海道日本ハム2軍との練習試合でも3回2安打5奪三振無失点とプロ相手に好投を見せ、8球団以上のスカウトが注目をしていた。

秋季リーグ戦はこの日に開幕したが、小孫投手が抜擢されると、杏林大を相手に5回3安打3奪三振1失点とまずまずの投球を見せ、けん制でランナーを刺すなど総合的な能力の高さを見せた。

この日も10球団のスカウトが視察し、東京ヤクルトの伊東編成部長は「オーソドックスでまとまった投手」と評価すると、中日・八木スカウトも「マウンドさばきがいい。球に力はあるので、もっと制球できれば、見栄えが変わって楽しみ」と評価した。

4人がプロ志望

この日の開幕戦は、154キロ右腕でドラフト上位候補の杉山晃基投手の先発を予想して視察に来たスカウトもいたかもしれない。この日は登板が無かったものの、北海道日本ハム2軍との試合でも151キロの速球を投げ、スカウト陣も大きく頷く投球を見せた。

創価大は、この杉山投手と小孫投手、187cmから146キロの速球を投げる望月大希選手、そして明徳義塾出身の右のスラッガー・山形堅心選手もすでにプロ志望届を提出しているという。

杉山投手は指名確実で3位前後での指名となりそう、また小孫投手も指名候補に入ったとみられる。

創価大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

5回1死で右越えソロを浴びたが、最速148キロをマークした。プロ10球団のスカウトが視察。ヤクルト・伊東編成部長は「オーソドックスでまとまった投手」、中日・八木スカウトは「マウンドさばきがいい。球に力はあるので、もっと制球できれば、見栄えが変わって楽しみ」と語った。


PAGE TOP