中日育成1位・名古屋大の松田亘哲投手が13K完投で2部昇格

名古屋大, 松田亘哲

中日が育成ドラフト1位で指名した名古屋大の松田亘哲投手が、2部3部入れ替え戦で163球を投げて完投し、2部昇格を決めた。

4回以降立ち直る

2部最下位の名古屋経済大との入れ替え戦、1回戦に松田亘哲投手の好投で先勝したが2回戦は敗れ、この日勝った方が2部となる3回戦に再び松田投手が先発した。

この日は序盤は制球が乱れていたものの1,2回は無失点で乗り切った。しかし3回には内野守備も乱れも絡んで5失点し3-5とリードを許した。しかしここで切り替えると、4回以降はキレのある球をコースに決め、9回までの6イニングを1失点に抑えると、チームも逆転し8-6で勝利、2部昇格を決めた。

9回も味方のエラーがらみで1失点し、なおも2アウト2,3塁の一打同点のピンチだった。しかしここでギアを上げて抑えきった。9回で163球を投げて11安打6失点も自責点は0点、また13個の三振を奪った。「最後まで粘り切ることができたので、粘り勝ちです。低めにいこうという中で、うまく打ち取ることができました」と話した。3日間で18回290球を投げたが、「いっぱい投げちゃったなぁぐらいの感覚。肩肘にはきていなかったので、まだいける」と笑った。

チームを見事に2部に上げ、大きなものを後輩に残してプロへと飛び立つ。大学生活でやり残したことを聞かれると、「卒業できれば悔いはないです」と話した。来年1月からは新人合同自主トレが始まるが、「下半身も上半身も、ひとまわりもふたまわりも足りない。プロの練習に耐えられるだけの食事とトレーニングはきっちりやって新人合同自主トレに臨みたいと思います」と話した。卒業のための論文などは12月から1月が山場となるが、両立して体も作っていきたい。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

最終回には先頭打者を失策で出し1点を失ったが、低めへの直球が効果的に決まり、毎回の13奪三振で要所を締めた。163球の熱投で、初戦の完封と合わせて3日間で18イニングを投じたのは「初めて」というが「いっぱい投げちゃったなぁぐらいの感覚。肩肘にはきていなかったので、まだいける」とタフネスぶりは頼もしい限りだ。


PAGE TOP