大商大・吉川貴大投手が阪神2軍を5回2安打無失点、阪神、中日、広島など5球団スカウト評価

中日ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース プロアマ交流戦

大阪商業大が阪神と練習試合を行い、149キロ右腕のドラフト候補・吉川貴大投手が5回2安打無失点の好投を見せた。

146キロ

吉川貴大投手は182cm82kgの本格派右腕で、開星高時代には147キロを記録し甲子園でも注目された。大商大に進みまだリーグ戦は0勝、大エースの大西広樹投手(東京ヤクルトドラフト4位)や橋本侑樹投手(中日ドラフト2位)がおり登板の機会がなかなかなかったが、二人が抜けた今年はエース候補として期待を集めている。

この日は阪神2軍との練習試合に先発をしたが、高山、大山など1軍レギュラークラスが並ぶ打線と相対した。初回、先頭の高山選手への2球目に最速146キロを記録すると、145キロのストレートで空振り三振を奪う。島田選手には死球を与えたものの、陽川選手を145キロのストレートでセンターフライに仕留めた。

2回には大山選手から120キロ台の変化球で空振り三振を奪った。5回を投げて四死球は6つと「無駄なフォアボール、デッドボールが多かった。球が上ずっていたのをなかなか修正できなかった」と反省をしたものの、1軍クラスの打線を5回2安打無失点に抑え「無失点は良かった」と話した。富山監督も「うちで一番いい投手」と評価した。

5球団スカウト視察

この日は5球団のスカウトが視察をした。阪神の渡辺スカウトは「緊張もあるから四球は仕方ない。カーブをうまく使えるから、変化球でカウントを取っていける投手だと思う」と話した。また、中日・山本スカウトは「フォークやカーブで緩急も付けられる。ボール自体はいいので、後は肩のスタミナをこれからつけていければ。まだ見ていきます」と話すと、広島の鞘師スカウトも「元々スピードはある。1球1球は悪くないので、安定感があればもっといい」と評価した。

まだ確実に評価を上げたという感じではなく、やはり未勝利のリーグ戦での投球がポイントとなる。それでもまずは注目に値する選手としてステップに上がった。大西、橋本に続いて行けるか、春は5勝0敗を目標にしてほしい。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
大阪商業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

視察した5球団のスカウト陣の評価は上々だ。阪神の渡辺スカウトは「緊張もあるから四球は仕方ない。カーブをうまく使えるから、変化球でカウントを取っていける投手だと思う」と今後も注目していく意向を示した。

▽中日山本スカウト「フォークやカーブで緩急も付けられる。ボール自体はいいので、後は肩のスタミナをこれからつけていければ。まだ見ていきます」。

▽広島鞘師スカウト「元々スピードはある。1球1球は悪くないので、安定感があればもっといい」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント